ティアズマガジン72 Push&Review全コメント

このアーカイブは、前回のコミティアで頒布された本に対する、
 1.ティアズマガジンPush&Review用に送られたコメント
 2.見本誌読書会アンケートのコメント
をすべてデータ入力したものです。書式は、

【投票された本のタイトル/サークル名】
●葉書アンケートのコメント。(投稿者の住所・ペンネーム)
◆読書会アンケートのコメント。(投稿者の住所・ペンネーム)

となっています。掲載の順序は、サークル名の50音順となっていますが、編集の都合上順序が入れ替わっている所があります。あらかじめご了承下さい。

コメントがない葉書・イラスト主体の葉書は記載されていません。また、集計締め切り後に来た葉書も極力載せています。したがって、順位の票数と実際の掲載数が異なっていることがあります。

コミティア実行委員会

----------------------------------------------------------------------

ハガキアンケート得票数(有効投票数…79)

7 【鮮魚の女神/浜っ子一代】
6 【私事-ワタクシゴト-/ジャポニカ自由帳】
5 【Dual Life/INDIES-くじら組】
5 【たびいぬ/bloom】
4 【瞽女/池猫屋騒動】
3 【唯理意華03-2/アートファクトリィ】
3 【ひとりきらら 創刊号/あくまの野菜ばたけ】
3 【九月病(5)/海底温泉】
3 【猫耳町会/GATTACA(日本爺耳化計画 )】
3 【恋友/さるさるの惑星】
3 【引越しのひみつ/東京猿人改】
3 【コダマの谷/にら】
3 【花嫁指南/ノースノマド】
3 【フューチャーデイズVol.4(2)/RIMLAND】
2 【あすなひろし作品集7/あすなひろし追悼サイト】
2 【えせえふさん/いちご未満】
2 【Little World 2/オヤジとペー】
2 【TRY and TRY/girlhood】
2 【少年の夢は、生きている/かなり弧】
2 【殺しのガイダンス/鉄の砦】
2 【ツチノコ黙示録/さきがけグルーヴ】
2 【真っ白な画用紙に。/しあわせまんじゅう】
2 【モテたくて/シャザーン】
2 【しろくまちゃん/しろくま株式会社】
2 【とりどり 8/花絵本】
2 【ミヤビダブル/Plastic Age】
2 【収容所の小さな貴婦人/RIMLAND】
2 【おひめさま/竜の子太郎】
1 【人生で一番大切なことはみんなハムスターから教わった/ART芸術センター】
1 【梅暦瑞祥波竜之初春/アートファクトリィ】
1 【Lost World 1/R62号】
1 【アージスニール/アラカラッカ】
1 【不変を望む少女達/朱花狂】
1 【あすなひろし作品集6/あすなひろし追悼サイト】
1 【喰/ad lib】
1 【YAKATAーbuneシングル/afternoon cafe】
1 【雪のいいわけ/いいわけ屋】
1 【人のフリ見て我がフリ直す参考書 2.0/池猫屋騒動】
1 【風の軌跡 2/IN道化師】
1 【後悔役に立たず/印度茶】
1 【きものさんくさく/うさぎ御殿】
1 【ORIMPIA/UTENA】
1 【HAPPY GO-LUCKY act.3/うにもぐ堂】
1 【黒木の尋常な○×/A.Y. BROS.】
1 【鳥島スラップスティック 1~5/エスプリ・デリエ】
1 【despacio 3/eso aparte】
1 【縁起物 11/えぢそんず】
1 【KATi KATi カチカチ/edit】
1 【ベル/N-28】
1 【INFI NITE DAYS 1-5/M→E】
1 【一人坊主/大津商店】
1 【かにタま/おきらくゴクらく】
1 【LOVE ME TENDER 何言ってんだー/お天気お姉さん】
1 【CHRONOLOGICS/Garden Blue】
1 【魔女のミミとジジ/girlhood】
1 【LAVENDER/海岸通り】
1 【幻想幻夜MOONY/風の巣】
1 【おやすみなさい/逆ギレ刑事】
1 【テルさん 未完成品/牛研出版ヴ】
1 【CAVALLERIA RUSTICANA/極東見聞舎】
1 【エクラレ/Kiracna Days】
1 【図書館のおねーさん8/麒麟館】
1 【秘書のお仕事/麒麟館】
1 【庭/kirsch】
1 【Hummingbird/グランド電柱】
1 【ハテドメコントン(前・後)/クルのトーチカ】
1 【収容所の小さな貴婦人/CLOCKWORK HEARTS】
1 【けだもののように I II III/ぐんたまカンパニー】
1 【宇宙ジャロ大全集/GUERILLA STUNT STUDIO】
1 【Pilgrim plot/GUERILLA STUNT STUDIO】
1 【想いの日々/幻灯会】
1 【女性学年報 第25号/恋人と時限爆弾】
1 【きこえない/恋人と時限爆弾】
1 【スーさんの魔法のマフラー/コッペリウス】
1 【MONSTER HUNTER AFTER/Conflict】
1 【LiP RITTY てんしちゃん/砕骨子】
1 【眼鏡娘C2/SOUND STICKER】
1 【ハナコトバ/桜井家】
1 【おわりのはじまり/さすらい】
1 【彼誰異聞総集編/サモトラケのミケ】
1 【惑星オシイレマクラ/シカクイハコ】
1 【スーパーブックオフマニア/時刻堂】
1 【ミートパイを買っておうちに帰ろう/実験生物ど壱號】
1 【Privy,Primary,Promissory,Prayer./東雲書房】
1 【トナリのきみ3学期/シモボード】
1 【モンマルトルの天使/JEWEL BOX】
1 【ゴール前のあなたへ/憧憬画廊】
1 【中島骨董堂/信吉茶屋】
1 【幻想蹴国誌4/新谷明弘】
1 【Bloomin'!2 花をかついでうたをうたおう総集編2/すあまフレンズ】
1 【三本足の犬/水燈】
1 【ロリヰタ千店斬り/睡蓮】
1 【Diamond 9!/すたじおいのP】
1 【しょくぎょおふじん/セオナツヨ】
1 【SOLANGE 51/早大いじけっ子マンガ集団】
1 【コイズミ逆襲デスク犬とおばかさん/滝季山影一国際騒動局】
1 【はいメタルスプリンターズだ/しおっと】
1 【Sample A/タマヒメ】
1 【くいだおれ/ち】
1 【美しい椅子/Tetra Station】
1 【白夜城の攻防/てむじん】
1 【真鮮おやさい。/Deutzia】
1 【Raining/電波塔】
1 【青依夏三初期作品集/東京猿人改】
1 【farewall call/桃李楼】
1 【西原理恵子の日々まんが/鳥頭の城出張所】
1 【西原理恵子の虫干しまとめ/鳥頭の城出張所】
1 【COLORS 4/トリパン・ブルー】
1 【ノヴァ悲報/浪速書房】
1 【まっさらな詩/ナビゲーター・リュウ】
1 【姫本/NOSTALGIA&PARANOIA CAT】
1 【Winter Days/HIGH TIME】
1 【配布職人 富士夫っ 復刻版/配布職人】
1 【冬のちぃこま/High Long】
1 【間の世界/ハクタク】
1 【滅差滅差カーニバル(4回目)/はしくれ工房】
1 【over doser 6/Passage AirLine】
1 【border line/花苺】
1 【さんぽみち。/花苺】
1 【HAMU-studio ON AIR/HAMU-studio】
1 【飛び首/PARAGON】
1 【万國ファンファーレ/Hee-Haw】
1 【Nearly Equal/P.P.Cafe】
1 【雑色/日陰の無】
1 【朧月夜と金魚鉢/PIT-A-PAT】
1 【怪獣とか/昼寝堂】
1 【夕暮れまじん/ぴろり庵】
1 【フォピシュネス/瓶詰天獄・人形地獄】
1 【おかあさんといっしょ/FIVE F】
1 【無神経な天使・第3章/Plastic Age】
1 【フラワー/FLOWER】
1 【名前のない薔薇/プロパガンダユニオン】
1 【DEFORMED ELEPHANT SAGA 1・2/BLOOD UNIVERSE】
1 【こまどり達の贈り物/BOYS KINGDOM】
1 【OHANAMIシングル/microworld's 77】
1 【アルモタス・ジオ vol.1~4/まるめがね機甲師団】
1 【死者の棲む町/水のソルティレージュ】
1 【ココアリロン 総集編/ミュンヒハウゼン症候群】
1 【金星最強力少女/ミュンヒハウゼン症候群】
1 【聴耳屋 森しぐれの章/むなりうむ】
1 【フィギュアモデラー翔子前編/モホロビッチッチ不連続面】
1 【県民戦士びわこちゃん1×2しゃーぷっRELOAD Limited Edition/野望のきまぐれ王国】
1 【DON'T CALL ME/UK@TIA】
1 【無料配付本 キサラギFree Style/UKOZ】
1 【おはようよっち/夕タン's パーク21】
1 【ゆみ学4 3年目の本気/ゆみっくす】
1 【Hot Coffee/ユメノカケラ】
1 【fragment ver.3.0/四次元機関舎】
1 【老いた犬と暮らす/よしの亭】
1 【おやくそく5/楽】
1 【SKETCH STITCH/RADIO MOON】
1 【ハナゾノ 総集編1/RASEN KARAN】
1 【あかりとうたこ・3/レトロ商会】
1 【あるでんて/ワイヤーフィクション】
1 【星の彼方まで君と一緒に/綿雲王国】
1 【ツイノスミカvol.1/Oneday】



読書会アンケート得票数(有効投票数…37)

8 【不変を望む少女達/朱花狂】
6 【鮮魚の女神/浜っ子一代】
5 【夜盗姫/猫街】
4 【少年の夢は、生きている/かなり弧】
4 【引越しのひみつ/東京猿人改】
4 【底/花園ジョージ】
4 【Philosopy of the Youth/Blue Brand】
4 【たびいぬ/bloom】
3 【TORA! SORA! 5/亜鉛堂本舗】
3 【くいもの処 明楽/undermount】
3 【きものさんくさく/うさぎ御殿】
3 【三木先生/オドラデク】
3 【TRY and TRY/girlhood】
3 【猫耳町会/GATTACA(日本爺耳化計画 )】
3 【「大好き」の雫たち1/偽善団体月本凪子団】
3 【COLUMBO! COLUMBO! vol.1/COLUMBO! COLUMBO!】
3 【モテたくて/シャザーン】
3 【まほうつかい/STRIPE P.C.】
3 【空色標本 第4集/PASSACAGLIA】
3 【飛び首/PARAGON】
3 【夕暮れまじん/ぴろり庵】
3 【むこうきずのチョンボ 1/みにゃもと】
3 【あるでんて/ワイヤーフィクション】
2 【瞽女/池猫屋騒動】
2 【Dual Life/INDIES-くじら組】
2 【Little World 2/オヤジとペー】
2 【九月病(5)/海底温泉】
2 【Roodstar Days/神珠館】
2 【PSM 02/狂犬ダイナーズ】
2 【幸せの行方/銀の月】
2 【収容所の小さな貴婦人/CLOCKWORK HEARTS】
2 【学生街の喫茶店/GUERILLA STUNT STUDIO】
2 【おわりのはじまり/さすらい】
2 【私事-ワタクシゴト-/ジャポニカ自由帳】
2 【ダイチ/でんや】
2 【怪獣とか/昼寝堂】
2 【フォピシュネス/瓶詰天獄・人形地獄】
2 【私立高天原学園 エロ研へようこそ/Flying Tea pot】
2 【AIKO/ほうづき】
2 【収容所の小さな貴婦人/RIMLAND+CLOCKWORK HEARTS】
1 【ネコのシャンプー命がけ!!/ICU集中治療室】
1 【ひとりきらら 創刊号/あくまの野菜ばたけ】
1 【風の甲冑/アサミ・マート】
1 【西遊アーサー伝/A SMALL REALM】
1 【ラジオ・アイドル妄想記/あびゅうきょ工房】
1 【後悔役に立たず/印度茶】
1 【花風 壱・弐/うさぎ御殿】
1 【ぽちももんが/うさぎ御殿】
1 【鳥島スラップスティック 1~5/エスプリ・デリエ】
1 【うしわか/m.matter】
1 【ヘッドフォンムスメ/オタクビーム】
1 【lilico[後編]/オタクビーム】
1 【中山と青いドレス/オドラデク】
1 【ふらんぽわーず/Garden Blue】
1 【魔女のミミとジジ/girlhood】
1 【StarLight World Sphere/かえるの都】
1 【Sweet Box./花月同盟】
1 【幻想幻夜MOONY/風の巣】
1 【シュミレーション・デート/カラコル】
1 【バラ色の日々 上・中/狐塚】
1 【おやすみなさい/逆ギレ刑事】
1 【喰/qd・lib】
1 【エクラレ/Kiracna Days】
1 【わがまま宇宙王/ぐるーぷやみなべ】
1 【くれいろごよみ/くれいろびより】
1 【BABY EYES/くれすBOOKS】
1 【降る花と君と2/くれせんと☆NIGHT】
1 【HOOICHI/★黒兎商會★】
1 【標識の街/コクマルガラス】
1 【スーさんの魔法のマフラー/コッペリウス】
1 【ぼくのへやにはウサギがいる/コプンカ】
1 【嵐のようななめらかさ/ごみ120%】
1 【サカナ色の夏/サカナランド】
1 【反魂香/佐藤美絵】
1 【BALLAD/Xiang】
1 【G-ART Illustration2003-2004/G-ART】
1 【スーパーブックオフマニア/時刻堂】
1 【狩竜人/死鋼小隊】
1 【wonderful magic/jamboree】
1 【み一P豆小品集/jamboree】
1 【モンマルトルの天使/JEWEL BOX】
1 【あくる年のシンデレラ/首都サークル東京】
1 【ゴール前のあなたへ/憧憬画廊】
1 【おっぱいプリン改定版/すいーと・みるく】
1 【上海洋城/水苑】
1 【ロリヰタ千店斬り/睡蓮】
1 【私刑衆/STUDIO動物圏】
1 【まんが世田谷オリジナルワースト/世田谷ボロ市】
1 【cuddle a baby./ゼロダラーズ・ジャンク】
1 【人工衛星擬人化の本 Orbital Pretty3/tear drop】
1 【箱/D2】
1 【鉄腕ナース/鉄腕少女】
1 【うそつき娘/Dragon Heart】
1 【西原理恵子の日々まんが/鳥頭の城出張所】
1 【Film/ナビゲーター・リュウ】
1 【コダマの谷/にら】
1 【ぴよぴよ! 2/ねこかぶりハニー】
1 【ぴよぴよ!/ねこかぶりハニー】
1 【花嫁指南/ノースノマド】
1 【狩猟竜追想 II -人ならざる者-/NONE】
1 【希望の国2/VAGUES】
1 【ねえきいて?/はとらんど】
1 【花瓶/パルス編集部】
1 【故郷の人/ばんぶーぱいん】
1 【SLAPSTICK WONDER WORLD 2/B.W.Factory】
1 【Two To Love/ヒーロー気分】
1 【祭り/BIT】
1 【きんぎょ/BIT】
1 【同人生活/日乃書房】
1 【?/氷結蜜柑】
1 【フラワー/FLOWER】
1 【名前のない薔薇/プロパガンダユニオン】
1 【water/BoleRO】
1 【小悪魔マロニー「旅立ち」/魔法の宝石箱】
1 【MICROSCOPE/まゆなーず】
1 【微妙存在ろろみ/民輝書房】
1 【DON'T CALL ME/UK@TIA】
1 【Hot Coffee/ユメノカケラ】
1 【ハワイホイ/ゆるゆるブックス】
1 【ハナゾノ 総集編1/RASEN KARAN】
1 【銀の唄うたい(1)/れじすたんす。】
1 【電車がこわい/WILD CHILD】

----------------------------------------------------------------------

【人生で一番大切なことはみんなハムスターから教わった/ART芸術センター】
●絵本+「今日の一言」みたいな本。相田みつをさんの書+かわいいハムスターの絵といえばいいでしょうか。ほんわかしたい時に見たくなる。そんな本です。(三重県・二木晶)

【梅暦瑞祥波竜之初春/アートファクトリィ】
●私はbelne先生のほのぼの系のお話が大好きです。今回かんじ親方がすごく男前でした。(?・リエ)

【唯理意華03-2/アートファクトリィ】
●"より正しい"ということは"より上手く説明できている"ということだ。「よりうまく説明できる理論」を探しつづけることが世界を愛する方法なんです。(作中&あとがきより)(東京都・うんの)
●ガリレオ、ケプラー、ニュートン、ティコ、ブラーエといった人たちがこういう少女まんがのネタになるとは思ってもみませんでした。科学って意外とロマンチックでセンチメンタルだなぁ。(?・リエ)

【唯理意華01~03-2/アートファクトリィ】
●いっぺんによみました。4冊。1冊ずつ買うのは大変だから早くまとまればいいのにと思いました。ネコミミなのにH系じゃないのはめずらしいですね。(長野県・DAWN)

【Lost World 1/R62号】
●19世紀末のロンドン。墓場から蘇る少女・マリーゴールド。家族を殺され、自分も殺されかけた少女の復讐の話。70ページ近い作品ですがまだまだ序章で伏線も多く、これからが楽しみです。(東京都・バーストレイン)

【ネコのシャンプー命がけ!!/ICU集中治療室】
◆どっちも命がけだな!!! するほうもされるほうも。(東京都・檜木倭世)

【TORA! SORA! 5/亜鉛堂本舗】
◆盗賊二人組が仲違い。警官になった古い友人と組むボスと、あくまで一人で盗みを成功させようとする主人公。盗みに入る前にちりばめられた大量のフリが、お宝の眠るお屋敷で畳みかけてくる。第5話ですが、これだけ読んでも大丈夫。見事です。(埼玉県・gori.sh)

【不変を望む少女達/朱花狂】
◆虫の生態と少女のはかなさが見事にシンクロしてました。美しいお話です。絵もかわいい。(東京都・マリオ)
◆絵のひとつコマ割りの1つにそこにある空気を含んでいて本当にステキでした。(東京都・渋谷)
◆絵がすごくかわいい。(東京都・はと)
◆大人でせつない。(神奈川県・高菜大助)
●自分を姉の様に親っていたアゲハチョウの死を、見つめるだけの日々を過ごす女郎蜘蛛の紡香と、自分を愛してくれた者と別れて、生きる意味を見失ったキチョウの燐花の話。はじめ、両者のキャラ設定と行動や過去のエピソードを見てみると、どこかヤバイ線を期待してしまいそうだが、その手前に踏みとどめたドラマ作りもさる事ながら、昆虫の世界を擬人化といっても、決してグロさ(子が親を喰べるシーン等)に走らない、温かみのある描写に引かれてしまいました。擬人化ネタフリークなら、買わねーテはないよな。(神奈川県・孤高の同人ハンターうさぽん)

【ひとりきらら 創刊号/あくまの野菜ばたけ】
●とつても楽しい四コマ本。ジャンルも妖怪学園・家政婦・巫女さんと、それが一冊に詰め込まれていて内容も豪華。どの作品も丁寧に描かれていて、読み終る頃には、笑いと優しさに包まれていると思います。(埼玉県・NAC)
●妖怪しかいない高校に通うことになった人間のお話「妖怪学園物語」、どじっ娘の家政婦と主人のドタバタを描いた「家政婦は見てない」、10歳の女の子と一緒に自ら神社の管理をするお稲荷様のお話「イナリ様にお願い」の3本の4コマからなるオムニバス。どれも楽しい話でほのぼのとした気分にさせられる。特に「イナリ様にお願い」はちょっとじんと来る所もあってよいお話だ。(神奈川県・HF46)
●四コママンガ雑誌風の表紙に、某本屋の広告みたいな裏表紙。なかなか凝っていて目をひきます。四コマ作品も妖怪学園ものに、家政婦もの、巫女ものとバラエティに富んでいて読み応えありです。(神奈川県・五十嵐哲也)

【あすなひろし作品集6/あすなひろし追悼サイト】
●1965年に週刊マーガレットに描かれた作品「星空のかなたに」をまとめたものです。40年前に描かれたものであるのにキャラクター以外の漫画的表現や構図、ストーリーにさえ全く古くささを感じません。主人公達が歩く木立ちの何と美しいことか。「あすな式お花畑」の何と奥行きのあることか。解説の笹生さんもおっしゃっていたけれど私も「自分以外のあすなファンを見て驚いた」クチです。(東京都・くま)

【あすなひろし作品集7/あすなひろし追悼サイト】
●あすな氏の後期作品群です。「(本文を)コート紙にして、やっとあすなの線が出せたんですよ!」そう言いながらサークルの方が見せて下さったページのカケアミは吸い込まれそうに深く、美しい。「この本1日で作っちゃったの!」とよろこんでいる方々(自分含め)にぜひ一読して欲しい1冊です。あしたのあなたのために。(東京都・くま)
●8月6日に広島に落とされた原爆をテーマに描いた、氏の遺作となった「林檎も匂わない」の鬼気迫る描写にただ圧倒されてしまった。過去の作家と思って読んでないあなた、是非手にとって読んで欲しい。(埼玉県・やさしいライオン)

【西遊アーサー伝/A SMALL REALM】
◆行きあたりばったり。アーサー王・西遊記・指輪物語・ナルニアなどを元ネタにしているが、本当に行きあたりばったりに書いているので元ネタの意味がない。これはもう完全にオリジナルだ。いーかげんな展開と脱力するギャグに抱腹絶倒。(?・kokol)

【喰/ad lib】
●まず面子で驚け。現在売り出し中、これからの活躍が期待されるという意味では超豪華といえるメンバーによる合同誌です。商業誌とは全く違った芸風を見せてくれる作家さんもいたり、彼らの隠し技というか、違った引出しの可能性が楽しい一冊。こういうの、好き。(東京都・営団13号線)

【ラジオ・アイドル妄想記/あびゅうきょ工房】
◆1970~90年代のAM・短波放送のDJをやっていたアイドル達と、高性能ラジオ受信機(いわゆる「BCLラジオ」)に関するエッセイ。アマチュア無線免許を持っている著者のこだわりが垣間見えます。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【YAKATAーbuneシングル/afternoon cafe】
●タイトルの通り、屋形船にシングル(1人)で乗った男の話。冒頭、かの「エリア88」のように酔っ払った隙に謎の書類にサインをしてしまい1人で屋形船に乗る事になったオオキ。しかも彼女とのデートがある12月24日に。なぜか契約を不履行にすると命が狙われるという状況の中、彼が彼女にデートのキャンセルをし、そして1人で屋形船に乗る姿は同じ男として涙を誘うものがある。本の最後に封印された書き置きがすべてを物語っている点が微妙に面白い。(千葉県・ブレンバスター)

【くいもの処 明楽/undermount】
◆テンポが良く、淡々としているのが楽しかったです。会話や、やり取りが面白く、笑ってしまいました。(?・小村寿司太郎)
◆なんだこれ!って叫んじゃったくらいすげー面白い!居酒屋・明楽に勤める明楽と鳥原の葛藤がありつつのラブ描いて、これはこれでもうご馳走さま、という面白さ。ぜひ続けていただいて、他の人のいろんな悲喜こもごももみてみたいなぁ。それはそれで絶対面白そう!(東京都・ハルキ)

【雪のいいわけ/いいわけ屋】
●雪につながる二人誌(?)。『幻冬』は奇妙な存在感が、『若女』は共感できる切なさ(というか、残念感)がある。他にも『HOUSE Sharing』という連作短編も収録。(千葉県・にび)

【人のフリ見て我がフリ直す参考書 2.0/池猫屋騒動】
●何回読んでも笑えます!! ゲスト投稿のPARAGONさんのページもとてもよかったです。全シリーズ揃えたくんらいました。コミティアの楽しみがまた1つ増えました! 誌上紹介くださり、ありがとうございました!!(埼玉県・ぱるが窓辺で組体操)

【瞽女/池猫屋騒動】
●本ティアズマガジンで紹介されているのを読み、大変興味を覚え、購入。「瞽女とかんざし」と、絵による解説、卒論まるごとがまとまった大変お得な一冊。それぞれの相乗効果でより深く理解することができました。この本で、今まで全く知らなかった瞽女という存在を初めて知ることができました。感謝。(埼玉県・ぱるが窓辺で組体操)

【えせえふさん/いちご未満】
●流星ひかるさんは恥ずかしい作品を描く人です。そして未だに、せんす・おぶわんだーを諦めていません。収録作「宇宙アメーバ少女の憂鬱」は、アメーバ少女が恋人を間違って食べちゃう悲恋なのですが、その実自分の性別すら不詳で、でも、それでいてしっかりラブストーリーなのですね。(神奈川県・鈴木頼母)
●SF描けないのにSFを描いてみましたという本。SFにはなっていないけど(失礼)、ギャグ漫画として読むと面白い。アメーバの女の子の体の中が最高。(東京都・OZ)

【Dual Paradise/Dual life/INDIES-くじら組】
●記憶をなくしてどちらがどちらかわからなくなってしまった双子ちゃんのお話。可愛くて切なくてどっきんどっきんしました。(兵庫県・欧文廉二)

【Dual Life/INDIES-くじら組】
●この本の前編として「Dual Paradise」という本が有。記憶を失った双子が、同一人格として認めていた前編から、個を意識し違う2人になろうとしたこの本。そして、病気で片方を失ったり、恋情からまり、とても、切なかったりする。はじめは、ただかわいくて楽しい。最後は、とても切ないながらもハッピーエンド!と思っている。(埼玉県・P・ちゃん)
●同時に記憶を失った双子の姉妹、一子と倫子。彼女たちはどちらが一子でどちらが倫子なのかも判らなくなっていた。「こんな美人姉妹と同居だなんて、ちくしょう一子の婚約者が羨ましい」と読み進めていたら、こんな悲しい結末が待っているとは思わなかった。心の奥に大切に閉まっておきたい良作。(神奈川県・うはりんぐ)

【花風 壱・弐/うさぎ御殿】
◆ほのぼの妖怪まんが。今後もゆったりと確実に物語を紡いでいって欲しいシリーズ。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【ぽちももんが/うさぎ御殿】
◆一つ目小僧の恋を描くセリフ無し漫画。昔の無声映画を見るような味わいがある。セリフは無くとも一コマ一コマから言葉が想起される、コメディテイストに溢れた正統派少女まんが。オチがナイス。(埼玉県・歩き目です)

【きものさんくさく/うさぎ御殿】
◆きものを着こなしたいと思い立って始めてからの愉しむまでの顛末記。きものを見ることが増えてきたけれども、意外と知らないことが多いので、この本を読むと知識と知的好奇心が満たされる感じがします。(千葉県・着流し)

【ORIMPIA/UTENA】
●奇跡を招くと謳われる幻の少女・オリンピア。川原由美子先生作の「プランツ・ドール」とよく似たイメージの作品でしたが、キャラがとても生き生きしていて、面白かったです。絵も綺麗だし、心理描写がとても上手でした。オリジナル同人作家の方の連載物は、途中で止めてしまう方が多いですが、ぜひ最終回まで、頑張って描き続けて欲しいです。(千葉県・さとさと)

【HAPPY GO-LUCKY act.3/うにもぐ堂】
●この人みたいにまんがを描く人を他に知りません。うまいとかプロになれるとかそういうことじゃなくて正しくまんがを描いている作家だと思います。こんな作品に出会えるのはコミティアのよいところだと思います。「愛しさ」があふれています。(?・リエ)

【黒木の尋常な○×/A.Y. BROS.】
●12年前の作品のリメイクらしいのですが現代物として違和感がなく読めます。ただ「黒木君」がどうして「瑠緒ちゃん」と付き合い始めたのかが1頁でも書いてあれば瑠緒ちゃんにもう少し共感できたかな。(東京都・くま)

【鳥島スラップスティック 1~5/エスプリ・デリエ】
●豊かな海と大地の恵みに囲まれた、鳥島学園に入学した、草。しかし「特進クラス」とか、何代かにわたるその学園の秘密にはまだまだ何か秘密がありそうで…!とりあえず5巻までの総集編ですが、まだまだ続きそう。広がった話がどうなるかほんとに楽しみです!(東京都・藤川加奈子)

【despacio 3/eso aparte】
●魔女っ子・OL・兄妹もの4コマが一冊に収録されている。ギャグ有りほのぼの有りといつでも気軽に楽しめる一冊に、仕上っています。(埼玉県・NAC)

【縁起物 11/えぢそんず】
●いたちの水検査は厳しいなぁ…。次ではぜひ勝利報告を(笑)。(栃木県・夢幻)

【KATi KATi カチカチ/edit】
●生徒がみな頭から動物の耳や花など生やしている学校を舞台にした四コママンガ。先生いわく「生徒章みたいなもの」で、転校してきた宇佐美珠子さんも例外なく「うさみみ」を生やされてしまう。「たぬみみ」の委員長のキャラが濃く、コミカルな話で楽しく読めました。つづくようなので、次回作に期待です。(神奈川県・五十嵐哲也)

【ベル/N-28】
●同級生の女の子に恋する少年。だが女の子はもう別の男子とつきあっていて、とパターン的なストーリーですが各キャラの迷いや、友情などがとても自然で青春のさわやかさでいっぱいです。少年時代を思い出さずにはいられませんでした。(千葉県・平川浩敏)

【INFI NITE DAYS 1-5/M→E】
●なんと7年もかかったドタバタ劇もこれにて完結。おわってみるとなんてことないナギ→雅の追いかけっこといえなくはないですが、キャラクターの生き生き感が伝わってきます。何とか全部まとまりませんか&みんなの続編を希望します!(東京都・藤)

【うしわか/m.matter】
◆絵が細かいところまで上手くかけていてとてもいい。だけどそれだけにストーリーも欲しかったかも。まぁイラストは語ってきますけど。(東京都・夜炎千寿)

【一人坊主/大津商店】
●ドキッ! 坊主だらけの坊主本!! どこを開いても坊主坊主…と坊主マニアにはたまらん一冊。またこの人の描く坊主がかわいーんだコレが。私的にはメガネ坊主がツボでした。坊主ファンのもそうでない方も是非!! この夏、坊主が熱いぜ!!(東京都・柴田眞紗子)

【かにタま/おきらくゴクらく】
●どう見ても園児にしか見えない、小学6年生のちょこと、隣に越してきた小学4年生のあゆみとのやりとりが楽しく優しい気持ちになれるほのぼの漫画。(埼玉県・NAC)

【lilico[後編]/オタクビーム】
◆結果は順当かなとは思ったが、「失敗」の形で少女に負担がかからないように収束をはかった調律師の愛の深さに敬意を。(千葉県・奏でる)

【LOVE ME TENDER 何言ってんだー/お天気お姉さん】
●現役風俗嬢のリアルな体験談本。風俗で遊ぶ様々なお客さんの模様を面白おかしく描かれている。何より書き手本人の仕事に対する前向きで明るい姿勢が良いと感じました。(東京都・つやッシュ)

【中山と青いドレス/オドラデク】
◆印象的。(東京都・はと)

【三木先生/オドラデク】
◆突如、体が子供になってしまった三木先生。他人には理解されず、唯一子供の姿に見えたのは生徒・桜井だけ。奇妙な煮つまり状態のまま、桜井の恋話を聞いてるうちに、桜井の泣きそうな姿を見かけたことを思いだす。桜井の涙を見ないため行動するには身長も関係なし、なのだ。(東京都・染井)

【Little World 2/オヤジとペー】
●鉛筆が擬人化して鉛筆娘! 愛用品の座をパソコンに持っていかれ、カウガール姿の携帯には彼の耳元に近付く位置を占められ、でも1週間ぶりに見つけ出されて彼に握りしめられ、それだけで涙ほろり。一途でいいなあ。鉛筆娘は。(東京都・ちび太)

【ふらんぽわーず/Garden Blue】
◆せんさいなタッチがgood!(?・Akito)

【CHRONOLOGICS/Garden Blue】
●水上カオリさん、なんと3年ぶりの美麗画集です。作者の作品への愛着と、これまでの歴史が想像できる総集編になってると思いました。インクジェット調の印刷が、雰囲気にあっててとてもいい効果を生んでいます。歴史と想いを見るためにも、是非買うべし、な一冊。(東京都・珊瑚)

【魔女のミミとジジ/girlhood】
●少しせつなくて心温まるほのぼのファンタジー。(?・紀子)

【TRY and TRY/girlhood】
●思春期の自己形成の物語。(?・紀子)
●主人公「未咲園子」と死んでしまう友人「葉成実果」の物語で、残された人生が高校生を通じて描かれる。この作品は凄さではなくシッカリとした事が扱われており、出だしのネームなど社会病理症状に通じる問題が浮き彫りにされるようであり、その上で近未来という現実をどう生きているかが描かれている。テーマ重視の読者を十二分に満足させる内容だが、夫の解説がティアズマガジン掲載の文章に必敵し、更に十二分な満足まで与えてくれる。(東京都・女装天皇)

【LAVENDER/海岸通り】
●「実録お嫁さんの作り方」。結婚式って大変…だけど楽しそう。だけど大変。作者の実際の体験記なので一つ一つの出来事にリアリティがあって読んでいる最中はドキドキ、読み終わったあとはほんのり幸せになりました。続編(?)マンション購入体験記「住めば都になるために」と併せてお勧め!(愛知県・山上遙樹)

【九月病(5)/海底温泉】
●自分の欲求が置き去りにされたが故に不幸であり続けた宏志・真鶴の兄妹の悲恋の最終巻で、個人的にはコミティアのパーソナルコミックに匹敵すると思っている。現実から取り残された者達の内省と悲劇…。彼等は何が欲しかったのか? ただ幸福でない事への穴埋めや取り戻しをしようとして不幸であり続けたのではないか。彼等が本当に手にしたものは幸福でなく厚情のカケラだ。真鶴がそれに動機付けられたそ時に、物語は幕を閉じ彼等の人生はまだまだ続く。それは意図せざる事態や結果も多く幸福などではないままに、だが決して不幸でなく!(東京都・女装天皇)
●本作、ドロドロの人間関係とは対照的な真っ白な表紙に重くさりげない言葉が目を引きます。妹の兄に対する悲しい片想い。好きになれば、なるほどお互いを傷つけていく。そんな中で妹は兄にある行動をします。それに対する兄の答えはあまりに優しくて、最後になるであろう抱擁は2人の思いが通じあって暖かい気持ちになります。ラストで生きる辛さや大切さを理解し覚悟した妹の力強い瞳が印象的です。(千葉県・平川浩敏)

【StarLight World Sphere/かえるの都】
◆天体観測士見習いの女の子が、試験で星を見つけるお話。もえー。(神奈川県・鈴木ナニガシ)

【Roodstar Days/神珠館】
◆日本人に、日本のメーカーに何でこれが作れたんだか、それを考えると奇跡と思えてくる名車・マツダ・ロードスター。という訳で、シアワセなクルマに乗るシアワセな人たちを描くロードスター漫画。ペラ本を1冊にまとめた再録集です。もうすぐ新型も出てくることですし、ね。(東京都・樹庵)

【幻想幻夜MOONY/風の巣】
●カレンダーの精のお話。絵本チックなかわいい本です。いつも最後まで居残りになる師走天使ちゃんの行動がかわいいです。(三重県・二木晶)
◆カレンダーの国に住む素敵な天使の物語。(千葉県・ひでお)

【猫耳町会/GATTACA(日本爺耳化計画 )】
●ハゲ×猫耳。ダンディ口髭×猫耳。居酒屋に入り浸る猫耳。幼い娘(猫耳)を抱え号泣する男やもめ(猫耳)。そもそも企画のコンセプトが「じじい×猫耳」って…「猫耳くらいで萌えると思うなよ」そんな頑固者のハートを、卑怯なくらい死角からわしづかみする好アンソロジイ。とろけます。(神奈川県・舞村そうじ)
●巷ではまたネコミミが流行しているようですが、こんな見事な猫耳本は他では決して見つからないでしょう。改めて猫耳の持つパワーを思い知らされました。(栃木県・夢幻)

【少年の夢は、生きている/かなり弧】
◆フナビさんの話がじじい好きの自分にぐっときました。友情パワー。今度歌きいてみますです。誌名が少年の夢~となっていつつも出てくる主人公は大人とじいさんで、だけど何歳になっても少年の心をもっているって事で。何が言いたいか分かんないコメントでスイマセン。(東京都・澤登真吾)

【シュミレーション・デート/カラコル】
◆萌えー・もえー・モエーなおたく達が中高年になったころの夕刊フジ、日刊ゲンダイお得意のエロ小説って、宇野鶏一郎風じゃなくってこの作品テイストになるのかなーっとふと思った。(?・案乃定)

【「大好き」の雫たち1/偽善団体月本凪子団】
◆クラスで異彩を放つ伊達さんが気になるのぞみ。彼女に因縁をつける女子を撃退し、友達宣言。「私と居ると嫌な思いするかも」「友達になるって決めたんだから、へこたれないわよ」。強い意志で絆が芽生える過程は恋にも似て。勇気を持って握手を組み交わす、好みの友情物語だ。(東京都・柳瀬)

【バラ色の日々 上・中/狐塚】
◆フシギなような、アマイような、イタイよーな…下巻が楽しみです。(?・?)

【おやすみなさい/逆ギレ刑事】
●火事で亡くなってしまい、記憶が彼氏の妹に残ってしまう。消えてゆく記憶の中で、もう一度お互いの想いを伝えあう。せつなすぎる表情がいつに増して上手く、袴田さんの描く女の子の抱きしめると壊してしまう、そんなイメージをより際立たせていた。(埼玉県・A)

【テルさん 未完成品/牛研出版ヴ】
●冒頭でヒロインと刺激的な別れが描かれ、ショックを受ける主人公。しかし、彼女の言葉を思い出すうちに、彼女との離別こそ彼女の居た証拠であると前に進もうとする。主人公に共感しました。作中ではあまり描かれてないが、これは戦争の話であり、同じ部隊の隊員の死を受け入れる過程が描かれている。でも、ラストで「もう一度会えるかも…」と思うのはちょっと…。(東京都・野井大海)

【PSM 02/狂犬ダイナーズ】
◆肉感、濃さ、構成力ともに一級品のエロ本です。この作家が特にすごいと思うのは足先まで、神経が通っているようにリアルに描くことですね。快感ってやつは足先から脳天に突き抜けるようにゾクゾクくるというのがわかってますね。フタナリ、やおいも入って、1本で3回おいしい作品です。(神奈川県・Rocky)

【エクラレ/Kiracna Days】
◆ケンタウルス座のアルファケンタウリから転校してきた高山エミィが主人公の学園(?)4コマ。地球人には到底理解できない言動を淡々とこなす高山エミィとそれをただ見ている事しか出来ないクラスメイトとのコントラストが絶妙。怖いけど目が離せない、そんな高山エミィさんの暴れっぷりをもっと見たいものである。(埼玉県・人間橋)
●転校してきた女の子は宇宙人。先生や理事長を洗脳するは、先生の目からビームが出るように改造するは、もうハチャメチャです。放課後、クラスメートの3人は彼女の後をつけるが…。これで終わらせてしまうのはもったいない気がするので、続編希望です。(神奈川県・五十嵐哲也)

【庭/kirsch】
●前作「おはなしはひとつだけ」の夫婦の別のお話。和風です。ふんわりです。この二人の物語はとっても雰囲気が良くて、お気に入り。(栃木県・夢幻)

【幸せの行方/銀の月】
◆とってもホノボノとしていて、よかったです。(?・?)
◆良い感じのラブストーリー。(千葉県・ひでお)

【Hummingbird/グランド電柱】
●幕末の桂小五郎の本です。ざくざくした線で描かれる、かわいいようなかっこいいような絵と、読みやすいコマ割りと、小気味良い台詞回しが大好きです。こちらのサークルさんの本があんまり素敵だったので、影響を受けてしまって、一人で幕末ブームになってしまうくらい、大好きです。(千葉県・仙石寛子)

【わがまま宇宙王/ぐるーぷやみなべ】
◆誰か助けて~と叫びたくなります…。(福島県・佐々木ひみつ)

【ハテドメコントン(前・後)/クルのトーチカ】
●待ってました後編。登場するシーンは何気ないようでいて、登場する子供は天然のようでいて、考え始めるとキリがない…。すごく限定的な書き方(描き方)をされているのですが、かえって広がりを感じるのはなぜなのでしょうか。少年たちの表情と各コマのライティングもイカす! ブックレットも大好きです。(長野県・リョオ)

【くれいろごよみ/くれいろびより】
◆部屋に飾っておきたい一品。アナログな感じが好みです。(?・小村寿司太郎)

【BABY EYES/くれすBOOKS】
◆自分のやりたいことを探すため日々悩む少年とあくまでもポジティブな女の子の話。(千葉県・ひでお)

【HOOICHI/★黒兎商會★】
◆かの有名な「耳なし芳一」を少年愛的な解釈でリメイクした小説。それだけでもショックなのに、まるで絵本を思わせる文章の配置と、ワープロ等の利点をフルに駆使した活字の多様が、読み手の想像力を刺激させ、一度読んだらラストまで喰らい付いて離さない一冊です。(神奈川県・孤高の同人ハンターうさぽん)

【殺しのガイダンス/鉄の砦】
●全10ページ! だけど激笑! フツーの学生(ターゲット)と、殺しの講師+かわいい女の子の弟子のコミュニケーションがメチャメチャ変で…。とにかく抱腹絶倒まちがいありません。(東京都・大気杜弥)

【収容所の小さな貴婦人/CLOCKWORK HEARTS】
◆第二次世界大戦の時代、ナチスドイツ参加のフランスにある捕虜収容所。生きる希望を見失い、自堕落に日々を過ごす捕虜達の前に現れた一人の娘。彼女との出会いは、捕虜達に生きる希望を与えただけでなく、祖国の誇りとナチスドイツへの抵抗の象徴ともなっていった。収容所の異変に感づいた看守達の容赦無い探索や尋問にさえも心で笑いながら耐え抜いているのがその証拠ではないでしょうか。その上、終戦と同時に釈放された彼らは、矢継ぎ早に身を固めていたという話も、収容所の生活も決してムダではなかったのだと実感しました。(神奈川県・孤高の同人ハンターうさぽん)
●1997年にRIMLANDから発行された同名作品の、程よく肉付けされたカバー版。こういった試みも同人らしくて楽しい。この本のおかげでオリジナルとも出会えた。感謝。(栃木県・夢幻)

【けだもののように I II III/ぐんたまカンパニー】
●ヨリ子が幸せになれて、本当に本当によかったです。III巻では、もう本気で号泣号泣号泣!! こんなに感情移入して泣いた本は初めてです。ヨリ子、マキさん、一太、その他キャラ全員の気持ちになって、何度も何度も読みました。感動の一言に尽きます!(神奈川県・或麿えり子)

【Pilgrim plot/GUERILLA STUNT STUDIO】
●未完成とは言いつつ、表紙をオレンジの透ける紙とカラーコピーを重ねるという面白い作り、宗教をストーリーにからめたりする意外性、生き生きした会話など、完成が楽しみです! 割引券(山本七式氏の直筆?)はもったいなくて使えない!?(東京都・雪豹)

【宇宙ジャロ大全集/GUERILLA STUNT STUDIO】
●その時節のCMをネタとしてノアナ船長を初めとする宇宙人?が一発ギャグをかましていくという作品の総集編。1発ギャグでもこれだけボリュームがあると、ジャブ、ジャブと言う感じで効いてきます。個人的には神奈川県民なのでサクサクネタが好きです。さいたま人は笑えます。(神奈川県・yuuy)

【想いの日々/幻灯会】
●詩に合わせて展開していく、想いでの情景。懐かしさとちょっびりしんみりした感じを伝えてくれるその絵はコマ一つ一つに気が配られています。特に締めの一コマ、日差しの暖かさや外気の冷たさ、教室のざわめきなどその場の空気まで伝わってくるようです。(神奈川県・良之)

【女性学年報 第25号/恋人と時限爆弾】
●特集 役割としての「女」「男」-演じる・ずらす・抜け出す-。タイトルからもわかるとおり、フェミニズム系団体の学問誌で、鳴原あきら氏の「天使な小生意気」への考察論文の為に買ったと言っても過言でない。いきなり失礼な言い方だが傍観者は彫琢しない。作品やキャラクターで感情や欲求に対して自己企画以上の動機付けを与えられても感情を感情によってのみ具象化するかの様な手法に始終したり、キャシャーンかガンダムの原理主義者の様に「作品はこうだ(俺達の動機付けはこうだった)からこうあるべきだ」の観念を基礎に据えたりするのが主流的だからだ。ましてやジェンダーにいたっては附随なのか、付帯的にそなわっているのかに行きようがなく、未だに旧末ジェンダーへのロマンスさえ残されているからだ。話が横道にそれたがこの現状が未だに多く残されている既存の現実なんだと思う。鳴原氏はこうした既存概念の産物を、少年漫画による「男同士の友情」から「女同士の友情」に置き換えただけで作品の思想的枠組で何が描かれたかを解きあかす。冊子の性格上、科学性や弁証法を使用する事は当然なのだが、ここに書かれた事は、キャラクターモチベーションに触発された自分が何なのかを知る為の貴重な補佐となっている。多くの人達のジェンダーの基礎は冊子と食い違うを理由に受け付けにくい可能性もあるのだが、近い未来で男性学が必須になる可能性が高いので、ここに書いてある事は目を通して損はないと思う。(東京都・女装天皇)

【きこえない/恋人と時限爆弾】
●『彼の名はA』新シリーズの第2弾。前作からの謎は少しずつ明らかになり、次で完結との事。続きが楽しみです。(千葉県・にび)

【標識の街/コクマルガラス】
◆奇妙な標識が大量に立っている街の話、おかしなものが写ってしまうカメラの話などを収録した短編集。絵は決して綺麗とはいえませんが、「不思議で、気になる」状況を上手く描いていて引き込まれます。(神奈川県・mz1)

【スーさんの魔法のマフラー/コッペリウス】
●魔女って淋しいのかなあ? 魔法が使えて、空が飛べて、自立していて、でも…。何かが出来るってことは、変わりの何かが出来ないことなのかもしれない。そんなしみじみした気持ちが伝わってくるお話。暖かいハッピーエンドが染みる。(東京都・杉並区民)

【ぼくのへやにはウサギがいる/コプンカ】
◆憧れの先輩から突然呼ばれ、ウサギの飼育係を任命させられたハルの飼育日誌。ウサギと悪戦苦闘しているところが多いのだけど、そこはかとなくなごみムードが漂うのは、私が卯年生まれの人間だから?(千葉県・ひでお)

【COLUMBO! COLUMBO! vol.1/COLUMBO! COLUMBO!】
◆かの名作「刑事コロンボ」のファンジン本。商業誌としても充分通用すると思われる内容・執筆陣の豪華さに驚愕。コロンボの日本語版声優は、当初露口茂の予定だった等のディープな記事が満載。今後年2回刊行で6号でひと区切り予定との事。次号以降も大いに期待。(埼玉県・歩き目です)

【MONSTER HUNTER AFTER/Conflict】
●魔物退治を生業とする少女と、彼女に助けて貰った女性の幕間劇。…実は本編は読んでないんですが、ストーリー上の大きな盛り上がりのない、この薄い本でこれだけ読ませてくれるのだから、次のコミティアでは一番に本編を買いに行きますよ。(埼玉県・gori.sh)

【LiP RITTY てんしちゃん/砕骨子】
●えいみーとるかちゃん、今度は天使ちゃんまでもが悪の道へ大突入と満点なファンサービスが作者の為に描かれていて読者もかなり楽しめます。(東京都・女装天皇)

【眼鏡娘C2/SOUND STICKER】
●前回のコミティアでは不完全燃焼であったメガネッ娘の落書き集の第2弾。"立花結花"、"桐屋香織"、"真木いずみ"、"高見沢エリカ"以上4人の眼鏡娘たちが表情豊かに描かれている。眼鏡好きのアナタ!! 是非手に取って読んでください!! 彼女たちに魅了されること間違いナシ!!(東京都・野井大海)

【サカナ色の夏/サカナランド】
◆現代風ふぁんたじー短編「ナツヲクダサイ」実咲の笑顔がきゅんと来る「秘密」の2話を収めている。(千葉県・ひでお)

【ツチノコ黙示録/さきがけグルーヴ】
●闇の国家勢力と宿命とツチノコと(ピューロランド)…。ツチノコをめぐり世界が動き破滅する!? ドナドナの歌声と共に少年の決断が下る!!!…凄い!!凄い事になってるよ!!「別にワープはしとらん」でヒザがくだけました。ちぇえ。(東京都・らくがん)
●「なんだこの作品は?」と言うのが第一印象だった。幻の生物ツチノコを求めて各国政府が、KGBが、金星人までが暗躍する。シナリオに説得力は皆無だが、それも含めて一大ギャグ漫画になっている。展開に説得力ではなく、ギャグで繋いでいく綱渡り芸とも言うべき作風は、昨今のオタク臭いギャグセンスをぶっ飛ばすだけのパワーを持っている。結局、なんなのよ、この作品は! 面白いぞ!!(東京都・須々木めおろ)

【ハナコトバ/桜井家】
●Last Dayが超強力。同性愛を咎められた故に家出少女心中を決意した比奈とユキ。クライマックスからラストにかけての、自分で自分をどの様に決裁するかが既存の作品を凌駕し現実に生きる者へのサジェッションとなっている。近年どれみシリーズなどをはじめ思春期の入り口や出口(青年期の入り口)で、その様なキャラクターの作品に巡り合って来たが、今回は「思春期のど真ん中」がそうする事にどれだけの重みがあるか。何故なら不等なヘゲモニーの支配は「世界の全てが敵」になるのと同じ意味を持つからだ。「自らの最果て」へ逃げ込んだ事態の中で、既成事実への服従への服従へのフリという闘いがどれだけの辛さを伴うか。「欲しいのはただひとつ」その為の決意。2人が本当に望んだものを獲得できる事を願ってやまない。(東京都・女装天皇)

【おわりのはじまり/さすらい】
◆「この夏のご予定は?」から始まった三部作の完結編。信二がみっちゃんにプロポーズして感動のフィナーレ…となりきらないのがこの二人のおもしろさですね。装幀を一冊一冊丁寧にこなし、コピー誌ならではの良いところを生かした所も好感のもてる一冊です。(千葉県・信じることから始まる愛)

【反魂香/佐藤美絵】
◆切絵風のイラストが印象的な、不思議な世界です。(埼玉県・ぱるが窓辺で組体操)

【彼誰異聞総集編/サモトラケのミケ】
●―KIDS! という主人公達の子供編がとておもかわいくてよい。それからこれを読むと、兄の2人の気持ちなんかが、とてもいいぐあいに感じとれると思う。話的にはまだまだナゾ…が多くてわからないことばや、説明不足なのか、これからわかってくるのか…。今後の話にキタイ大。(埼玉県・P・ちゃん)

【恋友/さるさるの惑星】
●女の子が女の子を好きになって告白しちゃうお話。一人は恋愛を求め、一人は友情を求め、二人で悩みあいます。恋愛と友情、どちらも捨てられないという難しい問題がみごとに表現されていました。私なら友情を優先かな。(千葉県・yoshi)
●笑えない状況のはずなのに、微妙な噛み合わなさが笑いを誘う。…他人事だから?(栃木県・夢幻)
●女の子が女の子に恋の告白をする。お互い相手のことが好きなのに恋と友情で性質が違う為にもめる2人。友情より恋心が重いなんて決めないでよ!は痛い言葉。そう言って泣く女の子。泣く子には勝てない。(千葉県・平川浩敏)

【真っ白な画用紙に。/しあわせまんじゅう】
●某商業誌で読者のハートをガッチリつかみながらも、今年より新ジャンルでの創作を始めた幸せ1500さん。本作は病院に入院中の少女というある種の王道を行くが、そのタッチはグッとくる。これからも楽しみだ。(東京都・須々木めおろ)
●同じ病室にいた男の子が亡くなってしまい悲しんでいる女の子と、そんな彼女を元気づけるために現れた天使のお兄さんの話。ちょっぴり切ないけれど、読み終えて前向きになれる心を与えてくれるようないい話でした。(神奈川県・五十嵐哲也)

【G-ART Illustration2003-2004/G-ART】
◆ウィンドウズでつくったイラスト集は多いが、眼のさめるような色調のアニメ画にページをめくっていて、見開き、森の中の赤い車に思わず口笛! すごいなあと思いました。絵をかきたくて6年つとめた会社をやめたと奥付に…。はぁ~今どき…すごい。でも、たしかに超うまい!! ほしい本。(東京都・三原武志)

【惑星オシイレマクラ/シカクイハコ】
●設定が世界観が独特で、描きこみもちょうどよくて見やすくてよかったです。タケオとオシイレマクラで働くロボットの冒険のようなストーリーがおもしろかったです。タケオとの約束をはたそうとしたオシイレマクラのロボットの姿にジーンとしました。(京都府・夏)

【スーパーブックオフマニア/時刻堂】
●従来の古書店とは違った経営手法で、新しい顧客を獲得している新古書店。その代表格のブックオフを取り上げて徹底的に分析している。書店に流通している書籍でも、棚構成から仕入れ、店舗管理などここまで網羅した本はないだろう。ブックオフに興味を持つ人はぜひ一読を。(東京都・如月浩一)

【ミートパイを買っておうちに帰ろう/実験生物ど壱號】
●一日二回、いつものパン屋で買うお気に入りのミートパイ。でも、パイ目当てだけで通っているみたいではないみたいですよ。パン屋の息子の中学生と、お得意さんで、彼をお目当てにしているの女子高生の、恋の始まりを予感させる、うれし恥ずかしが詰まった物語。(千葉県・ひでお)

【Privy,Primary,Promissory,Prayer./東雲書房】
●和風の作品が多いサークルさんの、珍しい洋装の作品。万人向けではないけれど、どこか透明感のある切なさが好き。(栃木県・夢幻)

【狩竜人/死鋼小隊】
◆狂犬!! 彼女を一言で表すとその言葉しかない。真名王高校に入学してきた問題児。恐ろしく強い彼女は、まさに負けなし、しかし、そんな彼女にも天敵が…。天敵から放たれる最強の刺客。狂犬はこのピンチをどう切り抜けていくのか…。(神奈川県・晴天雨)

【トナリのきみ3学期/シモボード】
●豪華メンバーによる合同本。雑誌をめくる感覚で読める。(千葉県・同級生)

【モテたくて/シャザーン】
●環境もそれぞれ、思惑もそれぞれ。合コンで出会った男女が、首尾よくラブホまで雪崩れ込むも、何も起こらない…。とことんスレ違う2人が悲しい。この世には、寂しくて悲しい人がいっぱいいるのだろう。(神奈川県・うはりんぐ)
●合コンでの失敗を男女それぞれの視点から描いています。絵は上手いし話も面白いしで、かなりクオリティが高い作品です! 主人公のタレ目っぷりに惹かれて迷わず買ってしまいました。ラッキー。(東京都・二次原藤彦)
◆やっぱ俺じゃあ役不足? やっぱ私に魅力ない? そんな男女の気持ちの葛藤を描いたこの本は、あなたが知りたかった異性の心の声が解ってしまいます。てな都合のいいお話じゃなくて、モテない男とそんな男に興味を持ってしまった女のお話です。(神奈川県・晴天雨)

【私事-ワタクシゴト-/ジャポニカ自由帳】
◆泣ける! ここのサークルの本は泣ける!(?・?)
●相変わらずショートストーリーの名手である御二方。総集編で読み返してもハズレ無し。「私事」というひかえ目なタイトルも、ささやかな主人公を描くジャポニカ自由帳にふさわしい。(東京都・須々木めおろ)
●日常のささいなこと、3ヵ月もすれば忘れてしまうようなことを切りとって描いている。ああ、私はこういうまんがが好きなんだ、としみじみ思った。(東京都・すぎやま文)

【wonderful magic/jamboree】
◆左右対称に作られた詩集?のような本。対称というところが面白いです。(埼玉県・ぱるが窓辺で組体操)

【み一P豆小品集/jamboree】
◆かわいくておもしろいです。(埼玉県・ぱるが窓辺で組体操)

【あくる年のシンデレラ/首都サークル東京】
◆年越をまぢかに1本80円1箱2500円でマッチを売る男の子。「考え直せ、その商売」(以上、引用)。ほっとけなくて家に呼んだ?(正しくは押しかけた)男の子は炎を上げてお礼の夕食づくり!! …そして朝…。すごいラフなパンフですが、話づくりは堂に入ったもの。笑えるし、しんみりとオチもありました。(東京都・三原武志)

【モンマルトルの天使/JEWEL BOX】
●殺し屋の男と天使の女子の子の純愛物。この作者、無機物に対して非常に写実的な絵を書く人で、小物や背景が繊細。特に自転車なんか逸品です。キャラもどことなくエキゾチックで、酒場の風景や落書きなどと相まって、外国っぽいおしゃれな雰囲気が醸し出されてます。(神奈川県・yuuy)

【ゴール前のあなたへ/憧憬画廊】
◆この作者にしては珍しく動きのある話。甘ずっぱい話を大真面目に描いているが、画が動いている効果もあって読み易く仕上がっている。オチもよい。(?・kokol)
●勝負に勝って、弱虫だった自分に気持ちの整理をつけたい勇樹と、とまどいながらも受けて立つ晶。ちょっと大げさかなとメインテーマ「青春は爆裂!恋愛は炸裂!」の実現を目指すにはこれぐらいの演出は必要なのかな。(千葉県・ひでお)

【しろくまちゃん/しろくま株式会社】
●経営理念:しろくまを通じ、人々にほほえみを。素晴らしい。しろくまちゃん一家とオウムの"役立たず"(名前)との交流を描いた一冊。読み始めると常に笑いが止まらず(セリフのセンスも大好き!!)、お話の終りでちょっぴりホロリとさせられたり…カンペキに楽しめる漫画でした。早く続きが読みたいです!! 表紙でピンときた方は、手に取って間違いないし。(東京都・らくがん)
●小学生のしろくま「しろくまちゃん」と鸚の「役立たず」のほのぼの友情ストーリィ。心がほこほこと、自然と笑みがこぼれます。しろくまちゃん、子供らしくてかわいい! 役立たず「それからだいたい赤いね!」は名言。しろくまちゃんのたのしい暮らしぶりがしっかり描かれていて、雰囲気がよく伝わってきます。(東京都・たぐちゆうこ)

【中島骨董堂/信吉茶屋】
●このサークルにしては明るい?作品です。箱のあわてっぷりがかわいい。それにしても、『中島』の中島が、あの中島からだったとは…(千葉県・にび)

【幻想蹴国誌4/新谷明弘】
●連続した歴史物であっても、1作毎にまとめられた作品は充分楽しめる。独自の作風も除々に変化を見せ、サッカーを戦争の代替行為にして1つの世界観を展開してゆく。(東京都・須々木めおろ)

【Bloomin'!2 花をかついでうたをうたおう総集編2/すあまフレンズ】
●二十一世紀初頭から描き続けていた「花をかついでうたをうたおう」の総集編の第二部。まんがにもスローフードという言葉を当てはめるなら、この作品が当てはまるのではと思います。ゆったりとした時間の中、雛子と先生の想いが重なりつつある時間を切り取った作品集。(千葉県・ひでお)

【おっぱいプリン改定版/すいーと・みるく】
◆(株)長登屋が製造している「おっぱいプリン」の様々なバージョンを紹介した本です。おっぱいプリンはこんなにたくさんあったのかと感動しました。個人的に名古屋限定版萌えです。(埼玉県・森砂季)

【上海洋城/水苑】
◆1920~30年代の上海が舞台。綿密な歴史設定をバックボーンに大胆に物語を展開。広大な歴史の流れに翻弄されつつも、精一杯したたかに生きていく人たちを描く。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【三本足の犬/水燈】
●城戸先生の、失うことで「また別のものが見えるよ」という言葉が救いに感じ、とても好きです。国語の文章問題のエピソード、そういえば自分も×つけられたなとか、なつかしくなりました。絵などの作風などにノスタルジー感じました。(京都府・夏)

【ロリヰタ千店斬り/睡蓮】
●大好評仮想店舗ガイドも3作目。今回は今、流行りの「カフェ」です。オススメは冒頭にある『カフェ・ハートブレイク』がオススメ。人生の酸いも甘いも見てきたご様子のマスターがいいです。(千葉県・闇に浮かぶマスター)

【Diamond 9!/すたじおいのP】
●ちょっと未来の野球風味女の子学園4コマの2冊目。主人公が開眼したりとか、先輩との関係が公認されたりとかちょっとづつ話も広がっているみたいですが、基本はほのぼの話。そうか、二〇一五年のセリーグはあそこが一人勝ちなのか…。(神奈川県・ここり)

【SOLANGE 51/早大いじけっ子マンガ集団】
●早稲田大学のマンガサークルの定期発行会誌。今回総ページ数100ページと少なめであるが、オリジナリティあふれる若い才能が、全ページに渡って展開されている。注目は"なくなった"氏の「花火」。是非ご一読を。オススメです。(東京都・野井大海)

【コイズミ逆襲デスク犬とおばかさん/滝季山影一国際騒動局】
●かの、いしいひさいち先生をホーフツとさせる政治(?)マンガ。小泉首相が「ジュヌーピー」でブッシュ大統領が「チャーリー・ブッシュ」二人(一人と一匹?)の勝手な思い込み具合が面白いです。個人的には「通信機を背負って討論会に出るチャーリー・ブッシュ」がツボです。実際に出来るのならもう少しマトモな事を言っているような…ブッシュJr…(愛知県・山上遙樹)

【はいメタルスプリンターズだ/しおっと】
●だしおさんお得意の元気一杯な漫画。いつもは筆が走りすぎていてちょっと読みにくいのですが(笑)、今回は比較的丁寧に書かれていて読みやすいです。高機動陸戦上部の部長が話す格好良い一言がシビれる。シビれるんだけど、根本から間違ってますから!(埼玉県・gori.sh)

【Sample A/タマヒメ】
●グロい。いや、ビジュアルはそれ程でもなんだけど、やってる事がいちいちグロい。これでを理解するにはたくましい妄想力が必要、それがあるなら心地よい悪酔いが楽しめます。そして何でこんなグロくて猟奇的でおバカ(誉めてます)な発想ができるのかと作家さんに拍手。(東京都・樹庵)

【くいだおれ/ち】
●おれたシャーペンのしんみたいな…。原稿のタチキリの外みたいな…人だよね。(東京都・柴田眞紗子)

【人工衛星擬人化の本 Orbital Pretty3/tear drop】
◆こだま、ひまわり、みどり式。一度は耳にしたことがあるはず、そう地球の周りを回っている人工衛星。そんな普段はお目にかかることのないモノを思い切ってカワイイ女の子に!! カワイイイラストと人工衛星のレビューもついた一挙両得な本です。(神奈川県・晴天雨)

【箱/D2】
◆悪魔シリーズの内の一冊。人って捨てたもんじゃないね。って話。しかしそれには支える人あってこそね。このシリーズ、いいですね。(?・?)

【鉄腕ナース/鉄腕少女】
◆なぜナースの格好で野球を? いや、そんな事はどうでもいい!(いいのか?) それより彼女達の試合が見たい。でも超人ぞろいのメンバーの相手を務めるのは一体どんなチームになるのだろうか?(埼玉県・人間橋)

【美しい椅子/Tetra Station】
●普段、何気なく座っている椅子。その椅子を題材にしたエッセイ&コミック本。様々な形状の椅子とそれにまつわる逸話も興味深いが、前後に描かれた遠藤嵩弘さんと相田裕さんの二世代にわたる椅子の逸話も秀逸。(神奈川県・五十嵐哲也)

【白夜城の攻防/てむじん】
●うんちくが多い話ってわりと好き。(長野県・DAWN)

【真鮮おやさい。/Deutzia】
●野菜に顔。シュールでリアル。横になったきゅうりに「ちょっと/とげとげしてるくらいが/ちょうどいいんだよ」なんて言われたい。作者は「何でこんなのを作ったのか」、とおっしゃってますが、言葉の本質的な重みと画面のユーモアがいいコントラストを出してます。(東京都・治田直也)

【Raining/電波塔】
●母を亡くした子。父は仕事。周りとの境遇の違い。おかしな夢、流れない涙。いわゆる「特殊」な環境の中、主人公・集が生きる道、手立てとは。夢の中で泣きつづける自分を認識した後、彼はどうなるんだろう。降るのは雪か涙か。これだけでは終わらない話だ。(東京都・ヘンプカルチャー)

【ダイチ/でんや】
◆「ずっといっしょにいるのがあんたの仕事なんだから」という台詞がすごく良かったです。変にルネッサンスで、人間化の進みすぎた人工知能ネタが墓穴を掘りやすいのに対して、とても「堅実」なAIモノだと思います。こういう(AIっぽい)AIの話は、商業にも少ないので出会えてうれしいです。(千葉県・17位楽天)

【青依夏三初期作品集/東京猿人改】
●学漫時代の作品の復刻。コメディ4コマの切れがシャープで良いです。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【引越しのひみつ/東京猿人改】
●おたくな会社員の引越しの実態をツボを押さえ、的確かつコメディタッチに説明。自分も社会人になってから引越し3回経験したけど、おたくの引越しは一般人の3倍大変だなーってあらためて実感。何でこの狭い部屋にこれだけのブツ(主に漫画・同人誌・LD・VTR)がおさまってたのかと引越しする度に思うもんなー。(?・Mickey☆Bear)
◆筆者の体験を通して引越しについてマンガで分かりやすく描かれている、というより共感できる部分があまりに多くて困りました(笑)。本やらビデオやらCDやらで埋め尽くされた部屋で暮らしている人なら一度は読んでおくべきでしょう、これは。これがあればいざという時困らないし、自分の部屋をキレイにしようと思えて一石二鳥です。(埼玉県・人間橋)
◆人のフリ見て我がフリ直せという感じで引越しの有無に関係なく、人生でためこんだ品々を整理してみたくなる本でした(できれば床がぬける前に)。(宮城県・一介のキサキチ)

【farewall call/桃李楼】
●笑いあり、泣きありで読む度におもしろいです。続編を頑張ってほしいです。(栃木県・キャロット)

【西原理恵子の日々まんが/鳥頭の城出張所】
●巻頭カラーまんがと、P.108が泣かせます。サイバラエッセイまんがを沢山よんでいたので、サイバラファミリーネタが大好きで、心に染みます。表紙もどうしちゃったの!?ってくらいとってもかわいいです。(神奈川県・或麿えり子)

【西原理恵子の虫干しまとめ/鳥頭の城出張所】
●毒・毒・毒・切なさ・毒・毒・切なさ、というサイバラの作風のルーツが見られる貴重な一冊。デビューしたての頃や「夏は来ぬ」「アシスタント愛ちゃんとわたくし」などなどガッツリ沢山読めて充実です!(神奈川県・或麿えり子)

【COLORS 4/トリパン・ブルー】
●色にちなんだタイトルの短編小説。タイトルが最後に書かれているので、毎回何が出るか楽しみなシリーズ。今回は春めいたお話しでした。(栃木県・夢幻)

【ノヴァ悲報/浪速書房】
●過去の男の幻影と腐れ縁の相方。文筆業の主人公は二人の男に翻弄され、妄想や悪夢にうなされる。とある事件を元にし、散文的で直接描写もあるのだが、酔ったような雰囲気をうまく作り出している。ピンポイントに狭い所を狙った作品だけど、わかる人にはとても楽しい。(神奈川県・ここり)

【まっさらな詩/ナビゲーター・リュウ】
●サラリーマンになるとこの心情が良くわかります。妥協してもいいことないですよね。後悔先立たず、前向きに生きた方がきっといいって思わせてくれます。話の流れがしっかりしていて、ヒロインのモチーフであるダルマが効果的に使われています。(神奈川県・yuuy)

【コダマの谷/にら】
◆達者な絵です。すごい好みの絵。(東京都・はと)
●機知に富む作者が生み出した、学び舎が街と化した学院領の世界。要の人物が3人。一人は超秀才でありながら留年して王宮入閣免れを目論む変人ライダー。そして王を継ぐ身で縁談を嫌い逃げてきた王子アーサー。さらに盲愛する兄の学業敵・ライダーを見るため転入し、アーサーの縁談の相手でもある貴族の姫・ウーナ。3人とも、ともすれば重くのしかかる運命に抗う一手を講じていて、見ていて興味深い。結局ライダーもウーナもアーサーに手を貸すことになるが、まったく従属になってない、小気味よい気ままっぷりが見所だ。さらにウーナの気高さも、見事。高い趣味性、キャラの素敵な組み合わせ。入江さんのひとつの集大成のこの作品は、ぜひ一度読んでほしい。今後は場を移し活躍を広げるだろう彼女にエールを。(東京都・菅谷亮子)

【ぴよぴよ!/ねこかぶりハニー】
◆学園忍者4コマ。あまりのアホさに脳みそぶっとび状態(?・案乃定)

【ぴよぴよ! 2/ねこかぶりハニー】
◆ってこれ続くの!?(?・案乃定)

【夜盗姫/猫街】
◆不覚にも読みながら涙が…。絵もストーリーもすばらしかったです。(表紙も) ぜひ続編を! クライマックスの舞の場面では、本当に音楽が聞こえてくるようでした。(埼玉県・ぱるが窓辺で組体操)
◆楽団「月」のメインの演目「夜盗姫」。見た人が素晴らしさに夜を忘れてしまうというこの舞を通して、踊る少年の葛藤と成長を描いています。アジア系っぽい衣装や楽器が雰囲気を盛り上げていて、クライマックスではこちらも一緒に舞を見ている気分になります。(神奈川県・ここり)

【花嫁指南/ノースノマド】
●メイドのアンと年の離れた旦那様とのラブストーリーを描いた「倫敦恋奇譚」の待望の続編。旦那様のもとを離れ、花嫁修業にいそしむアン。慣れない生活に気を落としてしまう姿に、思わず声援を送りたくなります。その後、アンはかつてのメイド仲間で友達のメリッサと再会しますが、彼女との間には見えない壁が…。もう、続きが気になってしょうがありません。(神奈川県・五十嵐哲也)
●メイドとして遣えていた旦那様、グレンに見初められたアンの上流社会になじむための試行錯誤がの顛末記。グレンの揺るぎない愛は感じつつも健気に頑張るアンの姿にも共感。(千葉県・ひでお)

【姫本/NOSTALGIA&PARANOIA CAT】
●生き人形の少女アナをメインとした、「DOLLS MASTER」が気に入った。生き人形といっても、それ特有のプラスティック感覚は希薄で、人間の赤ちゃんの様なコロコロとした丸顔と性格。汚れを知らず底抜けに無邪気で明朗な性格。しかし、愛する御主人の為なら、剣を片手に自らを鬼神に変えて戦う少女人形アナ。続きが楽しみですね。(神奈川県・孤高の同人ハンターうさぽん)

【狩猟竜追想 II -人ならざる者-/NONE】
◆登場人物たちのやりとりが素晴らしい。まるで当事者であるかのような臨場感、用語説明も皮肉たっぷりで面白い。(埼玉県・みなみ)

【希望の国2/VAGUES】
◆とてもせつない。自身も左きき(左ききは死刑になる国)なので想いが深くなった。(?・Akito)

【Winter Days/HIGH TIME】
●冬の、ある4つの日の出来事をつづった作品。何気ない、本当に何気ない日常の中に、ふんわりとした幸せ感がただよいます。表紙のカラーイラストも淡い色彩が素敵です。(千葉県・りみてぃ)

【配布職人 富士夫っ 復刻版/配布職人】
●街頭のティッシュ配りという身近な存在をテーマにした発想が面白い! キャラの動きや表情の描写も良かったです。続編もぜひ買いたいです。(東京都・つやッシュ)

【冬のちぃこま/High Long】
●猫のちぃさんとの日常と生い立ちを綴った4コマ本。可愛い絵柄と猫の仕草にメロメロ!! 完成度高いです。無防備仰向け寝・ヒザ乗り・チラリと覗く野性…猫と暮らした事の無い私にとって、その全てが輝いて見えてしまいました。(東京都・らくがん)

【間の世界/ハクタク】
●まひか君の右目は不思議な目、学校も何か変。そこらじゅうにシミ(手形)があって、クラスメイトは目玉のオバケで、追いかけられた校内で遭遇するのは妙な生物達。そして、ハサミ怪人に首を切られそうになって…。現実と非現実は色わけして刷られていて、絵柄もわけてある。まひか君は都市伝説のキャラだったのか―と思ったら、間の世界が口をあける。ところであのトカゲ猫、何かカワイイ。主食は妖精か?(千葉県・山本理恵)

【滅差滅差カーニバル(4回目)/はしくれ工房】
●戦国時代からタイムスリップしてきたお姫様となぜかその許婚になった「むこ殿」のほのぼのショートストーリー。もうシリーズを重ねて4作目になる。相変わらずの姫様の天然さと、お付きの忍者がいい味を出している。今回は姫様のプリン好きが炸裂していいアクセントになっている。またどたばたな話だけでなくちょっとじんと来る所もあるのが読者を引きつけるところだ。(神奈川県・HF46)

【空色標本 第4集/PASSACAGLIA】
◆本の形式自体もおもしろいし、なによりキレイだし、私が写真好きだから。(東京都・夜炎千寿)
◆誰もが見ることのできる芸術「空」。一秒一秒ごとに変化していく空はどの瞬間もすばらしい芸術。そんな変化する芸術を最高の瞬間でおさめた作品。見終わったらきっと空を見上げてしまうはずです。(神奈川県・晴天雨)

【空色標本第1~4集/PASSACAGLIA】
●ちょっとしたショーゲキを受けました。ふらふらと見て回っていた時に、目に飛び込んできた青。心にしみました。顕微鏡のプレパラートのような空色標本は、もはやアートの領域のものです。もっと購入しておけば良かったとくやんでいます…。(東京都・雪豹)

【over doser 6/Passage AirLine】
●拡大する湖と、その湖を調査・保護のためにできた湖畔の水族館。そこにやってきたクレアに迫るメカと謎。重大なことが進行しているドライブ感、ポワッとしたクレア&友達メカ(普段はヘルメット)の取り合わせもいい。ただ、わかりづらさになんとも辟易。(神奈川県・墨の蔵)

【ねえきいて?/はとらんど】
◆毎日毎日、よくがんばりました!!(神奈川県・高菜大助)

【さんぽみち。/花苺】
●絵柄もかわいくて、内容もほんわかで読んでいてやさしい気持ちになれるまんがでした。(茨城県・ときまどうし)

【border line/花苺】
●すごくホンワカした絵で、なぜかHアリ。Hなくても全然イケるのでは…(個人的感想)。話は、放課後いつも手を振ってくれる着ぐるみクマにホレた主人公が手編みマフラーを渡したら、クマの正体は超知り合いだった…。こそばゆいハートウォーミングに、脳が沸騰させられマス。(東京都・牛蒡)

【とりどり 8/花絵本】
●インコの巻もついに5冊目。巣立ち直後のポテポテ状態ツインちゃんがとってもラブリー。画面から愛があふれてます。(栃木県・夢幻)
●いきものがたりの鳥シリーズ8作目。インコの飼育がリアルに描かれていておもしろかったです。いろいろと苦労している様子が伝わってきます。そして気がつくと大量に増えているという落ちに笑っていいのか、同情すべきか。(千葉県・yoshi)

【底/花園ジョージ】
◆どんなときでも笑っていることが幸せなこと。侮辱されても、罵倒されても…。そんなわけないのに笑っている。いつかそれは心に大きな穴を空ける。その穴に入っている感情をいつまでも入れておくわけにはいかない。そんな自分との葛藤を描いた作品。(神奈川県・晴天雨)
◆日々を心の底から笑い過ごせれば良いのにと考える人は沢山居るだろう。しかし、それをあえて否定的に挑んだのがこの一冊だった。「いつも笑顔で…」という亡き母の遺言を胸に秘め、誰とでもかまわず明朗に振るまってはいるものの、夢の中ではいつも、もう一人の自分自身に翻弄されている主人公コウヤを通じて、人間の「底」に潜む封印された暗い影をサイキックに描いている。(神奈川県・孤高の同人ハンターうさぽん)

【鮮魚の女神/浜っ子一代】
●カッコエエー。一見自分には興味のないジャンルかと思いきや、大変面白く読めました。作者さんの腕が凄い!!(岐阜県・白沢暁)
●「わたしにできることなんて、魚を捌くことくらいだ!」カッコ良すぎです。(福島県・蕗野さとし)
◆漁師の娘、漁子はデパートのインフォメーションガール。普段は魚屋育ちだということを隠している彼女が、鮮魚コーナーのピンチに立ち上がる。テンポよい展開と魅力あるキャラで、元気で活きのいい作品に仕上がっています。(神奈川県・mz1)
●生き生きとした人物描写が魅力的な作品です。自分らしく生きて働く事の大事さとかが伝わって来ました。同僚のお姉さんが凄くいい味出してますよ。(東京都・山下K)
●ある日突然、鮮魚コーナーの危機を救う為に、本職顔負けの包丁捌きで一役買って出た一人のデパートのインフォ嬢。それもそのはず。彼女は幼い頃自ら進んで引き受ける程、魚を捌くのが大好きだったが、仕事に没頭するあまり魚臭さを嫌う様になってしまった魚屋の娘だったのだ。しかし、これをきっかけに自分の活路を見出すラストは、まるで自分が見失っていた身近な物を見直す様を、見せつけられたみたいですね。(神奈川県・孤高の同人ハンターうさぽん)
◆主人公はデパートの受付嬢。実家が元魚屋今漁師で、魚くさいのが悩みの種だ。そんな彼女がある事件をキッカケに「鮮魚の女神」と呼ばれるまでを描いている。話の展開がスムーズだし、オチもきっちりしている。主人公の成長ものとしても読後感さわやか! 特売のチラシを切り貼りした表紙も注目だ。(?・kokol)

【HAMU-studio ON AIR/HAMU-studio】
●コントを見てるようで、次のオチは何? 次は? と笑いのうずにのみこまれました。面白かったです。(茨城県・ときまどうし)

【飛び首/PARAGON】
◆日本では小泉八雲で有名な妖怪ですね。人に受け入れられないフリークスという手がたい題材で、独特の人情味が心地よい。ヒロイン? の飛び首のお嬢さんも魅力的。(埼玉県・安藤はじめ)
●前回に引き続き「ななし」さんシリーズ。起承転結のしっかりしたストーリー構成と、美しい線で描かれた絵はさすが。読んでいるうちに思わずにこにこしてしまう一冊。次回はどんな「妖(あやかし)」に出会えるかなと期待しています。(埼玉県・ぱるが窓辺で組体操)

【花瓶/パルス編集部】
◆詩的で絵の雰囲気も素敵でした。話やコマ割りも好きです。(?・小村寿司太郎)

【万國ファンファーレ/Hee-Haw】
●今回で一旦活動停止ということでとても残念ですが、また再開できるのを首を長くしてお待ちいたしています。今までの作品全てにありがとうと言いたいです。(東京都・山下K)

【Nearly Equal/P.P.Cafe】
●幼馴染の男の子と女の子の気持ちが揺れながらつながってゆくエピソードを、それぞれの視点から描く。子供らしい意地の張り合いが微笑ましく、それをお話の中で上手く転がしながら、心地よいハッピーエンドに導いた作者の力量を評価したい。(東京都・杉並区民)

【Two To Love/ヒーロー気分】
◆せっかくの良い雰囲気が不用意なひとことで台無しに…(笑)。その後がどうなったのか気になります。(埼玉県・安藤はじめ)

【雑色/日陰の無】
●3作からなる読切集。無気力RPGは勇者自身がゲームに遊びふけっている。ただの引き篭もりなのが笑えます。トイレさがしは絵がらが昭和30年代ごろをイメージさせてあのつげ義春氏のマンガの様です。ラストでもトイレさがしは終わらずシュールです。思い出××は快感を時間が経過しないと感じることができない少女の話。とてもシンプルですが濃厚なダークワールドにひきこまれます。(千葉県・平川浩敏)

【朧月夜と金魚鉢/PIT-A-PAT】
●前作の『金魚姫』をより深く理解するためのサイドストーリー。これだけでも児玉理帆さんの世界を垣間見ることはできるけれど、やっぱりこれには『金魚姫』一緒に読むことを勧める。(千葉県・ひでお)

【きんぎょ/BIT】
◆呪術師と、彼に命をふきこまれた人形たちがおりなす切なく、心にジーンと染み渡る和風ファンタジー。哀しい物語ではあるが、コメディテイストをさりげなくちりばめ、まろやかに仕上げた幻想の世界がGood。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【同人生活/日乃書房】
◆実録隠れ同人4コマ。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【?/氷結蜜柑】
◆絵が上手(?・Akito)

【怪獣とか/昼寝堂】
◆近所に怪獣が現れて街を破壊、さらにクラスの子も小さな怪獣になってしまい…と次々大変なことが起こるのに、妙に淡々と物語は進行。主人公の女の子も「ここの本屋閉まっちゃうと困るね…」など超然としていて、変な夢でも見ているかのような雰囲気が魅力的です。(神奈川県・mz1)
◆途中すごくドキッとさせられた…あの怪獣たちは何を象徴しているんだろうか?(埼玉県・安藤はじめ)

【夕暮れまじん/ぴろり庵】
◆世界のゴミの終着点。あなたが捨てたモノもきっとここにたどり着いたはず。あなたは捨てたモノの中に大切なモノはありませんか? 探しに行きませんか? きっとここにあるはずです。急がないとグルメなまじんに食べられてしまいますよ。(神奈川県・晴天雨)
●広く閑散としたゴミ捨て場をさまようロボットと、探し物をしている少年のちょっと物悲しいお話。大勢の人の中にいてもどこか孤独を感じる現代社会も実はこの作品に通じるところがあるのかもしれません。そう、このさみしさを知っているロボットのような人がきっとどこかにいると信じています。(千葉県・yoshi)
◆絵が好みっス。(神奈川県・鈴木ナニガシ)

【フォピシュネス/瓶詰天獄・人形地獄】
●10年以上前から追いかけている『無人館に住まふ或る物の怪の記述』シリーズの新刊です。あいかわらず、インディさんがきれいで、態度でかくて、露出度高くて良かったです。(千葉県・にび)

【おかあさんといっしょ/FIVE F】
●お父さん、お母さん、娘、息子のふつうの家族。ちょっとふつうじゃないのは、お母さんのカオがちょっとコワイくらい。ふつうの家族のふつうの出来事を、心にズシンと描いています。特に息子のお弁当の話はいい話です。(東京都・すぎやま文)

【私立高天原学園 エロ研へようこそ/Flying Tea pot】
◆少年誌に掲載されるような寸止めえっちが満載。だから少年漫画で良いんです! 4ページを15話収録だから、内容の濃いこと濃いこと。第13話でひつじちゃんが普通に連れ添ってるあたりとか意味深で良いですね。でも先輩が居る高校生が18歳以上ってのは無理が無いですかー!(東京都・春夏冬中夏草)

【無神経な天使・第3章/Plastic Age】
●実兄との恋愛に悩む少女の話。ここにきて一気に佳境にさしかかったという印象だ。少しずつ同級生に惹かれて救われていく少女を、またどん底に叩き落す。次回で最終章となるらしいが、この切なくて美しいストーリーをどう収拾するのか見守りたい。少女が幸せになれますように。(神奈川県・うはりんぐ)

【ミヤビダブル/Plastic Age】
●既刊(恋人は腐女子)の発展形といいますか、今回もキャラクターの痛々しさに対してだけでなく、むしろ自分自身の痛い過去を巧みに突かれて悶絶必至(笑)。それでいて、何が一番大切な事なのかということもしっかり伝えてくれる快作。(埼玉県・安藤はじめ)
●痛い。昔の自分は痛すぎる。若気の至りという言葉ではすまされない。過去の自分の後頭部をはじきとばしたい、そんな思い出はないだろうか。幸か不幸か、昔の自分と相対することになった主人公が、本当に後頭部をはじきとばしていて笑った。最後はいい話で終わるので気分よく読めた良作。(神奈川県・うはりんぐ)

【DEFORMED ELEPHANT SAGA 1・2/BLOOD UNIVERSE】
●孤児施設で育ったアレクセイは、軍人になったはずの先輩・オルコフを慕っていたが、彼が浮浪者として路上で凍死していたという報せに遺体確認に行くことに…。プロレタリア文学のような展開に引き込まれる。戦争、貧困、差別、犯罪、…人間の業の果ての世界をどう描くか? 注目したい。(東京都・杉並区民)

【フラワー/FLOWER】
●やっと買えました(ほっ)。D.K氏の描く絵は透明感があり、本当に美しいです。カラーでないのが残念です。今後は全員カラーでお願いしたい! 日記絵もラブリーでイイ味出してますね。頑張って欲しいです。(東京都・雪豹)

【Philosopy of the Youth/Blue Brand】
◆シケたコンビニで大量の買い物をする条件とは? 帰りかけていた所から一コマおいてカゴいっぱいの商品。男心なんてそんなものです。(埼玉県・みなみ)
◆この時期のラブコメには外せないバレンタイン話。サバサバしたいい女タイプのヒロインが照れまくる姿がなんともかわいい。でも勝ち組の人生だよなあ…(笑)。(埼玉県・安藤はじめ)

【たびいぬ/bloom】
●ちっさい家犬が飼い主のもとを離れ、ハードボイルドな生き方をめざして旅するかわいい四コマ。かわいいの中に、ドキッと胸にささる言葉がのぞく、大人の絵本のような本山理咲さんの作風がとっても輝いている一冊です。是非、生活のスパイスにご一読下さい。(神奈川県・或麿えり子)
◆自分を置いてニューヨークに旅立った飼い主を探して彷徨の旅を続けるハードボイルドな(と自分では思っている)犬の物語。少し物悲しいんだけど、そのどうしようもない哀しさと表裏一体の可笑しさがGood。(埼玉県・阿部紀巳夫)
●頭にタイトルがついた4コママンガふうのストーリーマンガ。世間知らずでテレビが大好きな主人公の子犬がとにかくかわいくておちゃめなヤツです。笑いあり涙ありの超おすすめ本です。(埼玉県・チャッピーチャム)
●家出した子犬の冒険談。いろいろな世界と出会い、ときにはくじけそうになる子犬。だけどあこがれているテレビの主人公"キケンでハードな男の世界にいきる殺し屋D"を目指して頑張る姿が健気でよいです。(千葉県・yoshi)
●前の飼い主のチカを捜して街を放浪する子犬の物語。行く先々で出会った人たちを癒したり、(無自覚に)転機を与えることになったり。ハードボイルドに憧れる「たびいぬ」が、毎回別れ際に残すセリフは格好良くて可愛いです。(神奈川県・mz1)

【名前のない薔薇/プロパガンダユニオン】
◆幸穂は薔薇を育てるのがうまい姉のことが大好き。姉の心をずっと自分に振り向かせ続けたい。そんな恋心を描く一品。最終的にはどうなるんだろう…(千葉県・ひでお)

【こまどり達の贈り物/BOYS KINGDOM】
●メイド本シリーズの第3弾。元メイド経験者てばさきの体験談?に佐倉汐がデフォルメキャラを描いている「メイド考」とメイド服イラスト集「メイドカタログ」の2本立て。現代のメイドさんは実際職業にしてみると地味なんですね。絵柄がかわいらしいのでほほえましいですけど(神奈川県・良之)

【AIKO/ほうづき】
◆短いお話の中に何度も読み返させる重みを感じました。ロボットと愛、マンネリじゃない気持ちの良い読後感。(東京都・マリオ)

【water/BoleRO】
◆様々な生き物が見事な色使いで描かれていてとてもスバラシイ。(イラストのみですけど)(東京都・夜炎千寿)

【OHANAMIシングル/microworld's 77】
●新入社員の初仕事、と言えばわかりやすいか。なのにパンダ。パンダの着ぐるみを着てしまう彼。しかもテレビの中継でリポートされてしまう彼。オチを読むと会社の伝統とはこうやって受け継がれていくのだなぁ、と納得します。所々に入る注釈が笑いを誘う。(千葉県・ブレンバスター)

【アルモタス・ジオ vol.1~4/まるめがね機甲師団】
●年2回、きっちり出している3人誌。これは続きの読みたくなる雑誌のようです。このまま是非続けてくださいね!個人的には「アルモタス・デイズ」がお気に入り。解読しきれない魔法書を持つアクリと、欠損した肉体を探し旅をする剣士・エド。それぞれの思惑がありつつ、ユーモアたっぷりの旅がとても面白いです。(東京都・治田直也)

【死者の棲む町/水のソルティレージュ】
●この町でおこった話のショートショートだったり、それにまつわる話だったりするんですが…。これはこれでとても好きなんですが「それにまつわる話」もも少し、増えるといいナア。(埼玉県・P・ちゃん)

【むこうきずのチョンボ 1/みにゃもと】
◆約30年前少年誌に連載されたギャンブル漫画の再録。どんな賭け事でも頓智・イカサマ等あらゆる禁じ手を駆使し、最後に必ず勝つ痛快無比の爆笑ギャグ漫画。主人公と「ブラック・ジャック」との意外な関係が明らかになるコラムは必読。反則ギリギリの表紙も強烈です。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【微妙存在ろろみ/民輝書房】
◆上手い。おもろい。もんぜつ。(東京都・檜木倭世)

【聴耳屋 森しぐれの章/むなりうむ】
●盲の百合と、殺気にだけ反応する生き人形と化した兄が舞う剣活劇。「聴聞」という人外の技も使う滅法強い闘いっぷりと、百合の強気トークが心地イイ☆ 百合に拾われた娘・小春の存在によって和みがあるのも嬉しい(風呂シーンもね)。本格的に動いちゃってほしい3人です。(東京都・魚人)

【フィギュアモデラー翔子前編/モホロビッチッチ不連続面】
●丁度ウラでワンフェスをやっているので、ナイスなタイミングのまんがかなと思いました。内容もフィギュアの道に目覚めたさっちんとマカイザーララとの対決はどうなっていくのか、翔子はどうするのか、後編がとても楽しみです。(茨城県・ときまどうし)

【県民戦士びわこちゃん1×2しゃーぷっRELOAD Limited Edition/野望のきまぐれ王国】
●県民戦士びわこちゃんシリーズ、ますますハッタリに磨きがかかった待望の新作。…気になる。ああ気になる。続きが気になりすぎる。ははは早く完結編を。(京都府・ヲ)

【DON'T CALL ME/UK@TIA】
●主人公にものすごい感情移入して読んでたのでラストはちょっとびっくりしました(笑)。いつもとはちょっと違ったかんじの、でもやっぱり天下の西村先生流にしっかり調理されていて、ホントに上手いなぁ…としみじみ思いました。毎回新作が読めるなんて、ホントぜーたくなイベントですねコミティアは(笑)。(東京都・柴田眞紗子)

【無料配付本 キサラギFree Style/UKOZ】
●高校生(だよね)の女の子同士の帰宅時のじゃれあいと女性教論同士の就寝前のじゃれあいの2本立て。特に後者のラストシーンが成人女性な分とても可愛くエロティックで当てつけてくれる。でも貴方の好みはどちらの方かな。私は当てられる方がいい…。(東京都・女装天皇)

【おはようよっち/夕タン's パーク21】
●よっちと飼い猫ニャーニャーの、何でもない暮らしを描いた、なんともかわゆらしき本。ひとコマひとコマ全部にいいこいいこしたくなります。(東京都・らくがん)

【ゆみ学4 3年目の本気/ゆみっくす】
●いきなり4から読んだのですが、十分楽しめます(1~3は完売でした。)つきあって3年目の弓子と吾郎。ある日吾郎の家族がみんな旅行にいってしまった事から周囲がさわぎ出したばっかりに変にギクシャクする2人。その結果は、さわやかな学園ラブコメです。(三重県・二木晶)

【Hot Coffee/ユメノカケラ】
◆寒くなるとつい自動販売機のホットコーヒーのボタンに手が伸びますよね。他のホット飲料にはない魅力がコーヒーにはあります。この本にもあります。あったかくなる場所は違いますけれど。(埼玉県・みなみ)
●『冷めたコーヒー 待ちぼうけ ホットコーヒー 待ち合わせ 冷えた心に あったかコーヒー 乙女心にゃ つめたいコーヒー 缶を持つ手が熱いのは 融けた心が ぬくいため』暖かい関係にごちそうさまな一冊。(神奈川県・錦楼)

【fragment ver.3.0/四次元機関舎】
●エンピツの濃淡で表されたスケッチの世界がページごとに続いていって、なつかしさ感じる絵とかあり、みていて楽しかったです。(京都府・夏)

【老いた犬と暮らす/よしの亭】
●さまざまな笑いをくれた「日本の犬」トシ君も十二歳。今回はちょっぴり切ないお話し。生物はみな「老い」からは逃れられないのだけれど、少しでも長く元気で居て欲しいと願う。(栃木県・夢幻)

【おやくそく5/楽】
●ほわほわした笑いの集まった学園物ギャグ漫画。委員長がにせ委員長たちに理不尽にいじめられてかわいそうでした。がんばれ委員長!(千葉県・yoshi)

【SKETCH STITCH/RADIO MOON】
●魔法の筆をもったステッチさんと仲間とのほんわかしたお話。きりんさんの、お月さまを食べてみたいという望みをかなえてあげたり、ネコさんの友だち探しに協力したり、ひつじさんの相談にのってあげたりと、ステッチさんのやさしさに包まれてあたたかな気持ちになれます。寒い日に日向ぼっこをしながらうつらうつらしているような、そんな気持ちよさです。(千葉県・yoshi)

【ハナゾノ 総集編1/RASEN KARAN】
●花丘女学園、通称「花園」。淡々と、かつ楽しく過ぎる女子高の日常。世によく言われる「リアル」とは逆ベクトルのリアリズム総集編ではOGの先生方のありし日も拝見できます。ラブにもエロにも下ネタにもいかないあたり名門校なのでしょうか? 制服めちゃスタンダードで好き好きー!! (千葉県・パスコ)
◆一貫教育の女子校ものというと有名なあの小説が思い浮かばれる今日この頃ですが、こちらは等身大の女子高像を浮き彫りにしているような作品になっています。楽しそうな学校生活でうらやましいです。(千葉県・ひでお)

【収容所の小さな貴婦人/RIMLAND+CLOCKWORK HEARTS】
◆捕虜として収容された兵士の紳士としての誇りと勇気を与えた小さな少女をめぐる物語。(千葉県・ひでお)

【収容所の小さな貴婦人/RIMLAND】
●CWH版発行に合わせた、遅れて来た読者への配慮に感謝。1997年当時、見落としていたのは残念だけど。表題作の解説で「あきれたことに(中略)実話に基づいています」と書いておられるけれど、もっと悲しい事に現代の日本ではこの作戦は成功しないような気がする。カップリングの「犬の話」もとても素敵。(栃木県・夢幻)
●良き話です。おのれ作者め(ほめ言葉)。フューチャーデイズも好きだ。表情も話も良きものです。(群馬県・二ツ橋銀次)

【フューチャーデイズVol.4(2)/RIMLAND】
●新刊がこんなに待ちどおしく、また毎回期待をはるかに上回る見事さで私の涙線をガンガン刺激してくれる本はありません。物語すべてが愛おしい。もー続きが読みたくて読みたくて読みたくて…。(東京都・柴田眞紗子)
●運命ってあるんだろうか、未来は誰がつくっているんだろうか。そんなことを考えさせられました。モミジのプロポーズのシーンは、清濁ふくめて感動しました。(東京都・すぎやま文)

【おひめさま/竜の子太郎】
●お姫様と言っても千差万別。何から何まで他人任せで甘えん坊のお姫様。ふわふわキラキラに囲まれたお姫様。でもこのお姫様は本好きで…無人島生活までこなしてしまうスーパーお姫様。果竜さんの描く女の子はいつも良い意味で期待を裏切ってくれるので好きです。等身大で強くて色々と悩んで…私の理想の女の子です。(愛知県・山上遙樹)

【銀の唄うたい(1)/れじすたんす。】
◆精力的に作品を発行し続ける作者の新作。今回は、ひたむきでけなげな青春時代を生きる者たちの生死をかけるドラマと純愛を描くファンタジー。長編の予感。今後の展開に期待大。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【あかりとうたこ・3/レトロ商会】
●あかりと歌子は恋人同士にて家族。今ではお互いがなくてはならぬ存在だ。だが歌子の姉にてあかりの継母・永子の訪問に2人は不快を現わにして…。百合姉妹の同人誌コーナーで紹介されたシリーズの3作品で、毎回キャラクターにとっての実際的な問題と向き合う事が描かれるが、今回は2人にとっての抑圧者である永子に対して、あかりが寮に忌避する事で解決が図られる。今回で完結だが永子との事を放置してはいけない。現実的には困難でも作品的には描く事で解決させる事によって、読者という現実に対し、ヒントや提案の要素を孕ませる事ができるし、あかりや永子のネームから、例え設定倒れでも何を描こうとしたかがハッキリと観えてくるのだから、作品的にも読者に対しても、再び2人が一緒に暮らせるようになる話を描いてほしい。(東京都・女装天皇)

【あるでんて/ワイヤーフィクション】
●まだ未熟な感じのするギャグ漫画ですがところどころにこれはと思わせる笑いが混ざりこんでいます。この作者、いまは未熟ながらも今後の成長が期待できそうです。次の作品でどう成長するか、イベントの楽しみが増えました。(千葉県・yoshi)

【電車がこわい/WILD CHILD】
◆都会の魔の空間、それは駅構内・そして車両内での一見針小棒大な、しかし本人にとっては大きな肉体的・精神的ダメージをもたらす見知らぬ者同士のやりとり。私も昔はこうだったけど、サラリーマン生活の積み重ねの結果今や車両内が唯一の心休まる区間になっちまったもんなー。(?・案乃定)

【星の彼方まで君と一緒に/綿雲王国】
●昨年は災難続きだったので、かなり臨場感がありました。そんな中で2人の恋愛が何とも甘酸っぱくて切なさが伝わってきます。絵がきれいです。みくちゃんがかわいいです。(栃木県・キャロット)

【ツイノスミカvol.1/Oneday】
●仏レストランの厨房を舞台にスタッフの三角関係がすったもんだ…。いかにもありがちな展開だし、出てくる料理のレシピが専門的でそそられる。1巻の引きは火を入れすぎた魚料理をどうリカバーするか!? マジにドキドキして次号を待ちたい。(東京都・杉並区民)
戻る
PC版表示