ティアズマガジン67 Push&Review全コメント

このアーカイブは、前回のコミティアで頒布された本に対する、
 1.ティアズマガジンPush&Review用に送られたコメント
 2.見本誌読書会アンケートのコメント
をすべてデータ入力したものです。書式は、

【投票された本のタイトル/サークル名】
●葉書アンケートのコメント。(投稿者の住所・ペンネーム)
◆読書会アンケートのコメント。(投稿者の住所・ペンネーム)

となっています。掲載の順序は、サークル名の50音順となっていますが、編集の都合上順序が入れ替わっている所があります。あらかじめご了承下さい。

コメントがない葉書・イラスト主体の葉書は記載されていません。また、集計締め切り後に来た葉書も極力載せています。したがって、順位の票数と実際の掲載数が異なっていることがあります。

コミティア実行委員会

----------------------------------------------------------------------

ハガキアンケート得票数(有効投票数…88)

7 【GENTILUOMO/setteorsi】
6 【フューチャーデイズVol.3 後篇/RIMLAND】
5 【MAID-SAN VS MOEVMENT/大深海水淵亭】
5 【流星学舎 六/にら】
4 【ゴッドハンド×2 望賢射たち/GOD HAND】
4 【桃色吸血鬼/さるさるの惑星】
4 【Free Gift/バイセクリバーシブル】
4 【おやすみ眠り姫/Poppy Seed】
4 【8時02分発、3両目/モホロビチッチ不連続面】
3 【木造迷宮/アサミ plus ISS】
3 【九月病(3)/海底温泉】
3 【Broom ride anti-climax 帚乗りは終らない/ドイスボランチ】
3 【滅差滅差カーニバル'03秋/はしくれ工房】
3 【犬の器 vol.2/屁のカッパ】
3 【でもくらちゃん Resort/まるちぷるCAFE】
3 【セッチャントジュン/UKOZ】
2 【猫耳インスパイア/キャー&またにたん】
2 【浅葱の滝の龍/流離横町】
2 【アメノナカ/さるさるの惑星】
2 【ぐるみのねこ/サンタロー】
2 【あまいのからいのしょっぱいの/セオナツヨ】
2 【TERRACOTTA WINGS/セミノーハ】
2 【ハリボテドクロ/ち】
2 【鉄腕女子高生稲尾/鉄腕少女】
2 【RED HOT PINX/でんや】
2 【しろいくも/音々堂本舗】
2 【夕凪の街/の乃野屋】
2 【開店休業/HATAHATA】
2 【戦争と平和/ピグマリオン】
2 【TRAING/BRADDY VOICE】
2 【MIDNIGHT STRANGER COLT STORY 1/まったり番長】
2 【子ども日暮れ/豆栗明月】
2 【妖怪のたまご(1)/本山理咲】
2 【The Dawn Of The Jinnda Bonio./UK@TIA】
2 【禽獣の栖・HYBRID-CHILD-5/UMIN'S CLUB】
2 【コミックラクガキカン/楽書館】
2 【NOA3000・MARS/乱輪ラリン】
2 【Job Job Summer・シタ/乱痴気事虫所】
1 【Dagaz/STRU・DEL】
1 【WEB/アートファクトリィ】
1 【ぴょんぴょんキャルルちゃん/RPGカンパニー2】
1 【Elgant Heart/愛・愛カンパニー】
1 【SKYLARK/愛・愛カンパニー】
1 【主従関係(有)/愛・愛カンパニー】
1 【マーブル・スカイ/青冬青】
1 【ウラガエシ/あまぞんごはん】
1 【BEYOND MEMORIES/あららんど】
1 【兎の麻薬は甘い味/うにへえ】
1 【特別な空/うにへえ】
1 【着物の本/うめしそぷろじぇくと】
1 【Yellow Man/えげつないやん家】
1 【Woldirus Sin/M2 BRAND】
1 【呉服屋 独楽/帯】
1 【ヒ痛鋭角#0/海聲堂本舗】
1 【懐中天幕vol.4/懐中天幕】
1 【「愛してる」って100万回/カイトウパンダ】
1 【やみのひめ/蛙の館】
1 【卒業。/カタルシス】
1 【BLUE/カナリアン・パレス】
1 【南アルプスの少女/かもしかや】
1 【時計塔/ガリ(義)兄弟】
1 【たまゆら童子〜画境に遊ぶ〜/閑古亭文庫】
1 【31st CENTURY ROCKS/狐塚】
1 【いつかこんな日が/逆ギレ刑事】
1 【子供たちのおとぎ話 ただし今だけ/緊急合同サークル】
1 【hou to BJPM/CLUBピストルディスコ】
1 【こいぬ劇場2/ぐるぐる工房】
1 【メガネの探偵さん/鉄の砦】
1 【限界通信第3号/限界通信社】
1 【ZIPNY 7 with Video the Zipny1+2/コーノコーイチ】
1 【memento/小鳥の羽】
1 【蝉の新生/コンチネンタル鉄道】
1 【BELIAL 4/さいがや】
1 【TACT(シリーズ)/桜井家】
1 【BLUNT/ザッシュ】
1 【サテライト・バスルーム/殺人猫高津本部】
1 【ダッチワイフ・ハニー/さるさるの惑星】
1 【湖の国のお姫さまと驢馬になった王子さま/沢田珈琲】
1 【荒波兄弟コントライブvol2 男酒・手酌酒on coin gigolo/酸素型人間】
1 【ONE COIN GIGOLO/酸素型人間】
1 【CONTACTs 2/Jet Dekopin Books】
1 【運命とネコ耳/塩こんぶプロジェクト】
1 【砂穂草紙/地蔵堂】
1 【KAIMA/十進法パレード】
1 【眼鏡浪漫/女子二楽坊(Money child, Rich child.)】
1 【マヒルノホシゾラ/simprune】
1 【Kitty Star/すあまフレンズ】
1 【崑崙主 とうかの妻君の話/スタッフWHY】
1 【nove stecca1〜4/setteorsi】
1 【青の姫君/大回転サービス】
1 【スプラッター・アクター/チュンチュン】
1 【つゆくさ/つゆくさ】
1 【ファミリーレストラン/てぃーちでぃーる】
1 【嫌煙家V/T-NORTH】
1 【trick Star/DEPTH3000】
1 【極東ゲーム/電気ねずみ】
1 【瀬戸内工業地帯のひみつ/東京猿人改】
1 【ナジミ年代記/東京イントロダクション】
1 【コミック誌111選2003/東京大学漫画調査班TMR】
1 【魚類正義魚マン/トラウマヒツジ】
1 【Swing/ナゲチック】
1 【初恋エレジー/NEEDLE SHOP】
1 【幸/音々堂本舗】
1 【徒爾少々乃1羽/のぶ子堂】
1 【ちゅ/Perfect world】
1 【PPP! Punpkin/Pound Cake王国】
1 【鬼相の面/ハクタク】
1 【AZZVRPO E ROSSO/8月メダル】
1 【本能計画/801倶楽部】
1 【うおうお 4/花絵本】
1 【うたっていると君の歌2/PARAGON】
1 【FORCE[07]/BarcHetta】
1 【Little Jet Girls(2)/PICO JET】
1 【SHORT HOPE LIGHTS/ぴこぴこ。】
1 【embers vol.1/非常階段】
1 【GREAT ミコシバHITS/ビタミン】
1 【空の贈り物/ひなたぼっこ倶楽部】
1 【謎屋のナゾ/秘密結社525】
1 【アメフラシ/ぴろり庵】
1 【との8/Bien】
1 【おきざりの僕・前編/ファイアジャンク】
1 【晴れときどき魔法少女/風鈴堂】
1 【ENDLESS/梟亭】
1 【セレモニー2/FuniFuniFesta!】
1 【貧ノ友/プロペラ】
1 【TOKYO神社WALKER/松邦神社】
1 【瀕死の転校少女亜百合ちゃんER/まるちぷるCAFE】
1 【公園/水がめ座の女】
1 【にんじんライセンス/みずたまり】
1 【Ruurie's Herd Shop2/密月】
1 【BE TOGETHER/MISSION】
1 【わたしを野球につれてって/Million Means】
1 【ティッシュ配りリアクション調査報告書/メルヘンダイバー】
1 【Nestle House/Monkey's taste】
1 【夜間飛行/UMIN'S CLUB】
1 【週刊ムサシ 上巻/よしの亭】
1 【おやくそく3/楽】
1 【鉄の街/RADIO MOON】
1 【スーパーソニックアワー2/リッフルタイム+真空館】
1 【TOLI no KIOKU+/りゅうりゅう】
1 【チャイルドプレイ/Wild Child】


読書会アンケート得票数(有効投票数…51)

8 【ホームレスブルー/でんや】
7 【犬の器 vol.2/屁のカッパ】
6 【ゴッドハンド×2 望賢射たち/GOD HAND】
6 【ラブレター/3-A】
6 【RED HOT PINX/でんや】
6 【しろいくも/音々堂本舗】
5 【ジャパンレンタガール/INDIES-くじら組】
5 【やみのひめ/蛙の館】
5 【ぐるみのねこ/サンタロー】
5 【コミック誌111選2003/東京大学漫画調査班TMR】
5 【Nestle House/Monkey's taste】
4 【銀河エーテル/花好月圓】
4 【時計塔/ガリ(義)兄弟】
4 【WINTER NIGHT/VANISHING POINT】
4 【THUNDER/VANISHING POINT】
4 【STOLL/VANISHING POINT】
4 【WOLF'S BLOOD/はりねずカンパニー】
4 【花の行方/藤川研究室】
4 【ねむり着娘。/β☆まっくす】
4 【おやすみ眠り姫/Poppy Seed】
4 【妖怪のたまご(1)/本山理咲】
3 【僕は僕の道を行く(その2)/青冬青】
3 【木造迷宮/アサミ plus ISS】
3 【怒涛の血銭其の参/葛飾無法地帯】
3 【ゆきのおと Vol.VII/年寄工房舎】
3 【滅差滅差カーニバル'03秋/はしくれ工房】
3 【貧乏姉妹物語/ぱへかへ】
3 【流れのカメレオン/ピレネーの城】
3 【テラフォームドコンセント/FOLON】
3 【君待月/迷子の紳士】
3 【8時02分発、3両目/モホロビチッチ不連続面】
2 【DAUZINSHI SPECIAL ISSUE/@ERIMO】
2 【独身×三十×一戸建/Original Aim】
2 【こいぬ劇場2/ぐるぐる工房】
2 【先生の荒れた胃袋 巻第六/寿百花園】
2 【しゃもじ戦隊〜あなたに愛をよそぎます〜/さがらいせ】
2 【桃色吸血鬼/さるさるの惑星】
2 【GENTILUOMO/setteorsi】
2 【チキンレースシアター/たけまさおたか】
2 【ロケットスターター1/天文やぐら】
2 【ナジミ年代記/東京イントロダクション】
2 【マリイの園で/突撃工房】
2 【ハッピーバースデープレゼント/ドラクト】
2 【火の粉/トランクミイラ】
2 【流星学舎 六/にら】
2 【幸/音々堂本舗】
2 【徒爾少々乃1羽/のぶ子堂】
2 【との8/Bien】
2 【MIDNIGHT STRANGER COLT STORY 1/まったり番長】
2 【子ども日暮れ/豆栗明月】
2 【創造的空想論/morgue】
2 【モロヘイ屋(1)/モロヘイ屋】
2 【コミックラクガキカン/楽書館】
2 【スーパーソニックアワー2/リッフルタイム+真空館】
2 【TOLI no KIOKU+/りゅうり繧、】
1 【左の眼で見る世界/?】
1 【Tokyoミニスカ倶楽部!/RPGカンパニー2】
1 【音探し/アイカラッカ】
1 【MOON STATIONS/ISOTOPE】
1 【てくてく。/青冬青】
1 【アサミマート2003/アサミ plus ISS】
1 【Pop Girl オンナノコへの道/あららんど】
1 【AROUND a ROUND/アルファヴィル】
1 【ピエナの眼/ignis】
1 【Secret Garden/いちご未満】
1 【みゆきちゃん/命野母英超破壊兵器研究所】
1 【久々/いのべぇ】
1 【LAST WINTER/印度茶】
1 【SILENT SPRING/烏龍堂】
1 【あなたがいないと呼吸ができない/うにへえ】
1 【特別な空/うにへえ】
1 【着物の本/うめしそぷろじぇくと】
1 【IS IT YOU IS IT TRUE/N-28&生ハム】
1 【日記マンガ,Aトラックス/絵夢】
1 【Woldirus Sin/M2 BRAND】
1 【長谷川キューの祐実に恋して!その全記録/Mリーグ】
1 【しあわせのかたち/OLD EGGS】
1 【ナイチンゲル子によろしく/Old wiseman】
1 【さとしくんとカズキくんのヒミツ/大人になりかけた子供達】
1 【九月病(3)/海底温泉】
1 【BLUE/カナリアン・パレス】
1 【DREAM RUSH/かなり弧】
1 【黒い種/柑声+信吉茶屋】
1 【ランゲルハンス島で会いましょう/GATTACA】
1 【アレに向かうカラダの衝動この世界をこの手にまとえ/キャー】
1 【猫耳インスパイア/キャー&またにたん】
1 【リーディング・エッジ/キリング・フィールド】
1 【そらの花/下り坂道】
1 【幸せには頭からつっこめ/GOOD MOON】
1 【トレジャーハンターG/鉄の砦】
1 【日常ぽっけしょ/ゲーム部】
1 【少年少女/幻蒼空間】
1 【ANGELIQUE GARDEN/幻蒼空間】
1 【First Fruit/幻蒼空間】
1 【猫たちの秘密/幻蒼空間】
1 【Sweet Secret/幻蒼空間】
1 【限界通信第3号/限界通信社】
1 【衛星飛行/コッペリウス】
1 【蝉の新生/コンチネンタル鉄道】
1 【浅葱の滝の龍/流離横町】
1 【マナツノヨノユメ/さびねこ】
1 【ダッチワイフ・ハニー/さるさるの惑星】
1 【今日もどこかでヘリオくん/Si-z】
1 【FH/Jet Dekopin Books】
1 【運命とネコ耳/塩こんぶプロジェクト】
1 【TIMEBOMB Vol.1/繁蔵一家】
1 【8月の空に魚は泳ぐ/シケモク】
1 【Dance Partner 3 DANCE HALL/Gypsy's Kiss】
1 【KAIMA/十進法パレード】
1 【メカニカルブルームタイプR/jthp】
1 【少女プラシーボ/すあまフレンズ】
1 【爪色の雨/水燈】
1 【ヨンコマ どっこい韓国旅行記/スカイビィンズアベニュー】
1 【へびのだんなさま・準備号/スクラップ医院】
1 【毒のふる町 act.2/Studio Fz】
1 【APOCRYPHA Vol.1/スタジオた〜】
1 【SNOW BERRY通信Vol.3/Snow Berry】
1 【シャングリラ/世緋亜◆摸細工】
1 【「ハッピースーサイズ」/SELFISH GENE】
1 【Morals under a pagoda/1000decillion】
1 【HOME TEACHER/SONATA TWO】
1 【MAID-SAN VS MOEVMENT/大深海水淵亭】
1 【ERIGONOMIX 3/退避ミキサァ】
1 【忍夜恋曲者/タイレル社】
1 【Tany garden 2003/Tany garden】
1 【料理の学校総集編 上/多夢都夢】
1 【スプラッター・アクター/チュンチュン】
1 【つゆくさ/つゆくさ】
1 【Golden Liner/TT WOrKS】
1 【ぼくだけのメーリッシュもうひといき版/デジタルボウイズ】
1 【瀬戸内工業地帯のひみつ/東京猿人改】
1 【看板娘はお空でデート/渚のハイカラ金魚】
1 【Swing/ナゲチック】
1 【その先の線路に/虹の卵】
1 【ぬる本/ぬるまゆ】
1 【猫茶漬け 創刊号/猫茶亭】
1 【夕凪の街/の乃野屋】
1 【鬼狩師/ハクタク】
1 【科学と学習/ハムくまズ】
1 【神谷日記/Barusu】
1 【水盤/パルス編集部】
1 【SONOMAMA EAST GIRLS HIGH SCHOOL/東之間】
1 【SHORT HOPE LIGHTS/ぴこぴこ。】
1 【embers vol.1/非常階段】
1 【37.2℃の発熱/PIT-A-PAT】
1 【おきざりの僕・前編/ファイアジャンク】
1 【となりのプリンセス3/ぷらんたん】
1 【少年処方箋/ぷらんたん】
1 【03式人気声優 ノンレム睡眠/付和雷堂】
1 【BOB&JACK Mark-II/ぶんご】
1 【最後のキャッチボール/ポレポレ書院】
1 【まほほんVol.2/まほほん】
1 【でもくらちゃん Resort/まるちぷるCAFE】
1 【I.N./MICROMANIA】
1 【みちのとちゅう/ミュンヒハウゼン症候群】
1 【サモン(1)/みりめとる】
1 【レアガールズ新聞/ヤバイくらい毒入ってる!!】
1 【日本少年/(有)寺島建設】
1 【セッチャントジュン/UKOZ】
1 【憂貧局短編集/憂貧局】
1 【オハラさんのおはなし3/四ツ星レストランおかん】
1 【ハナゾノ2/RASENKARAN】
1 【NOA3000・MARS/乱輪ラリン】
1 【フューチャーデイズVol.3 後篇/RIMLAND】
1 【猫耳のユウノ 上巻/Leprechaun×1/2】
1 【猫耳のユウノ6 想い人の告白/Leprechaun×1/2】
1 【死神Death ii/Y.H.G!】
1 【万能のリミット/YKH】
1 【夢の住人/Wild Child】

----------------------------------------------------------------------

【左の眼で見る世界/?】
◆人は、つらい時は悩みを吐き出すことも大事なのだと、やさしい物語と絵から伝わってきました。どの話もほのぼのとして、癒されます。(東京都・槐樹)

【Dagaz/STRU・DEL】
●絵がとてもキレイで、装丁に凝っているのが目を惹きました。北欧神話を元にしたお話の外伝のようなもので、マンガこそ短編ですが、キャラへの愛がよく表れていて、本編が発行されるのが待ち遠しいです。(神奈川県・雪鷹吹風)

【WEB/アートファクトリィ】
●「人と人との出逢い」というものを、あくまでも淡々と、それでいて非常に印象深く描いた短編。
お互いに交わす言葉は非常に素っ気無いものばかりであるが、元々「魂同士が惹かれあって」出逢った男達である。言葉などさして必要もなく、瞬時に相手の「深いところ」まで理解することができ、お互いに余計な干渉は決してしないという、この上もなく「理想的な関係」を、ごくあっさりと構築することができるのであろう。それでいて、最後のシーンでベルネがガーディに、珍しく甘える様な態度を見せるのは、良好な人間関係を続けていくためには、結局適度な「スキンシップ」も必要ということなんであろうか。(千葉県・愛夢恵)

【ぴょんぴょんキャルルちゃん/RPGカンパニー2】
●お帰りなさい!! それがこの本を手にした時の私の一言。私がコミティアに参加して、まだ間もない頃に買った本の中でも、名作と信じて疑わないシリーズが帰って来たのですよ。もっとも私自身、全シリーズ揃えているワケではなく、私の怠慢と発行したサークルの休止で買い逃した巻もあり、「あの時、買っておけば…。」と悔しい思いをしました。しかし、天は私を見放さなかった。コミティア当日、キャルルちゃんの表紙を見付けた時、それこそ目を疑ったものでした。そして、本の扉を開けた時、まるで陽の光が差した様な気分でした。それは誰かが描いたパロディーやコピーではなく、正真正銘のキャルルちゃんではないか。ワザと新しく見せようとヘンに手を入れず、昔のまま、それでいて紙面の良さも手伝ってクリアーに再現してくれているのが嬉しいです。さらに今回、新たに描き下ろしたオマケ漫画もどこか「もしかして…!?」と予感させるのに十分な内容ですね。この本を読んだ後、この本の発行したサークルのHPのギャラリーで作者の絵を拝見させてもらいましたが、描き方こそ昔と変わってしまいましたけれど、キャルルちゃんの世界はこの様な形で息づいているという実感がしました。キャルルちゃんのリメイクをしてくれとは言わないですが、また、かつての様に子供心いっぱい詰まったオリジナルを描いて下さいよーっ。(神奈川県・孤高の同人ハンターうさぽん)

【音探し/アイカラッカ】
◆なぜ空が飛べるのか不思議だけど、無い音を聞くことが出来る少年、少女の気持ちが音と響鳴していておもしろい。ファンタジー好きの人にオススメ。(東京都・槐樹)

【MOON STATIONS/ISOTOPE】
◆果たしてこれもファンタジーの類に入るのだろうかと始めは誰もが戸惑うであろう。あても無く街中をさまよい歩く一人の女に声をかけた一人の男。自分は魔法使いが商売という、そして「月の水」を通販で売っていると聞くと、こりゃまるでカルト宗教の世界だと危ないを通り越してただ爆笑モノでしたけれど、読んでいくうちに、読ませる側のペースにはめられてしまった。(神奈川県・孤高の同人ハンターうさぽん)

【主従関係(有)/愛・愛カンパニー】
●正直おもしろい! 登場人物のユリナがババ臭すぎ! 笑った! 個人的に主人公のジャクリーヌの年齢をもう少し下げた方がいいかなと思いました。あと絵にももう少し時間かけた方がいいと思いました。時間ないのが見え見えで残念!!(千葉県・田中・スーザン・久美子)

【SKYLARK/愛・愛カンパニー】
●すごい絵が上手いですね。絵が上手いのでこういう鉛筆描きでも味があってアリかなと思いました。次はペン+トーンの入った絵が見たいなと思いました。(千葉県・田中・スーザン・久美子)

【Elgant Heart/愛・愛カンパニー】
●おもしろい!! マヂで聞ーた気がします! この本の作者はたぶんアホです。いや確実にアホだと思いました。(千葉県・汁男優)

【マーブル・スカイ/青冬青】
●続編ですがこれだけでも読めます。口の減らないキャラ同士の会話が楽しい。一人ひとりの異なる個性が立っていて、且つ物語りとしてバランスが良いです。赤面顔がかわいい。(長野県・みすず)

【アサミマート2003/アサミ plus ISS】
◆昭和30年ごろの異世界の日本が舞台の女中さん者。派手さはないが世界観、キャラクターがしかっりしていて、とても面白い。3話分載っていて300円という値段もお買い得です。(東京都・ぶんご)

【木造迷宮/アサミ plus ISS】
◆ロボット工学研究所の所長の家で女中をしている百目さんは、出身も年齢も不明。しかも町のチンピラをカンタンにのしてしまうほどの腕利き。それがなぜしがない所長のもとで女中をしているのか。所長の祖父に仕えていたとの設定なので、今後はその辺りも描かれていくのでしょう。楽しみです。ついでにメガネがとれるとオドオドした性格になってしまうという設定もナイスです。(神奈川県・五十嵐哲也)
●女中さんの百目さんに萌え。メガネが割れた話でクールな百目さんにかわいらしさを添えています。力強くやわらかな描線と、トーンを使わないベタの効いた絵柄が魅力的。(埼玉県・森砂季)
●うっかりメイドさんではなく万能の女中さん、エプロンドレスの代わりに割烹着で登場。レトロで新しくて、何よりカッコいい。メガネを割ってのうろたえぶりも素敵です。(神奈川県・舞村そうじ)
●時代はメイド服より割烹着か。クールな立ち居振る舞い、困った顔の八の字マユ、眼鏡無しのときの狼狽ぶり、と女中の百目さんが素敵すぎます。キャラの魅力も画力も最高。続編ありますよね?(埼玉県・無銘)

【DAUZINSHI SPECIAL ISSUE/@ERIMO】
◆色々バラエティに富んでいて良かったです。「キスノキオク」は心に残る良い話だと思います。サラリーマンの主人公と、小学生の女の子の将来が大変そうです。(神奈川県・凱王丸)
◆高校時代のガールフレンドの10回忌の日に出会った一人の女の子。それが死んだ彼女の生まれ変わりだという一言に翻弄される一人の青年の話、「キスノキオク」の一作に尽きる。青年とちっちゃな女の子の恋物語(いい意味での)は数あれど、ここまで強引にねじ込んだ設定は、どこかオカルトな感じがするけど、あくまで虚構世界に逃げ込まず、正面切って現実を見据えた展開が胸打つ一作です。(神奈川県・孤高の同人ハンターうさぽん)

【ウラガエシ/あまぞんごはん】
●なんだかんだいいながら昔から仲がいいんでしょうね、この兄弟は。そして弟はこれから先も兄に振り回されていくのでしょう。抵抗無くアノ服を着て兄を待つ弟は、間違いなくもうはまってると思います。(埼玉県・無銘)

【Pop Girl オンナノコへの道/あららんど】
◆男っぽくても、色気がなくても、元気いっぱいなそのままの君が好きなんだー。だからコンプレックスを持たなくてもいーんだよ。でも、たまには女っぽい姿も僕だけには見せて欲しいな。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【BEYOND MEMORIES/あららんど】
●さすがに厚い本だけあって、読み応え有。しかし…話があまり進んでない感じで…。(埼玉県・Pちゃん)

【AROUND a ROUND/アルファヴィル】
◆他人のラフを見るのはたのしいなァ、と特に思えた本でした。これを元に冬コミで本を出されるそうなので今から楽しみです。(東京都・らいな)

【ピエナの眼/ignis】
◆な…なんなんだこの巧さは!! 迫力、画力、コマ使い全てにおいてスゲェ。ただ、1なので伏線多すぎる所で読みやすさに欠けますが…いやでも良い。この先どう続くかだな〜。(東京都・あまた悠海)

【みゆきちゃん/命野母英超破壊兵器研究所】
◆普通の女の子はこんな事しません!(スイマセン、普通の定義を間違えていました。)(埼玉県・人間橋)

【久々/いのべぇ】
◆おでん君……! 忘れられません。すごいインパクト。自分は牛筋が好きなんですが、牛筋だとどんなネタになるのかしら…。(東京都・報沢睦己)

【ジャパンレンタガール/INDIES-くじら組】
◆こんなお手伝いロボット、私も欲しい。(東京都・A-ZEN)

【LAST WINTER/印度茶】
◆人生をスマートに考えられないから人間なのかなぁ。などと感じてしまいました。絵もキレイですごく良いです。(東京都・tchiga)

【SILENT SPRING/烏龍堂】
◆これ程袋叩きとまでいかなくても日本を冷たく扱った作品、それもよりによってSF物は無かったね。前半のストーリーの出だしで子供達が原子力の話で、日本をバカ呼ばわりしたりするのはまだ序の口。後半ストーリーで日本が温暖化で無くなっていたという事実と、それに憧れる青年の話は、どこか日本の未来を暗示してる様でした。(神奈川県・孤高の同人ハンターうさぽん)

【あなたがいないと呼吸ができない/うにへえ】
◆ディープな少女のハートを紙に転写した、作者のもつ「痛さ」に近づける作品(心)になっている。男の自分としてはシンセンでザンコクな刺激となった。読み終わって一つの現実と受けとめると、この痛みはなんだ?と考える自分がいる。(?・オボロメン)

【特別な空/うにへえ】
◆内気な主人公に吸い込まれるように読みふければ、その視点には女の子が映りナチュラルな少年の恋へと出会わせてくれる。ドキドキが爆発してしまった強烈なトゲのあるトーク。全てをまとめ上げたプロットテク、この世界はソンザイするだろう。(?・オボロメン)
●老獪なまでのダブルミーニング。「評価が分かれる作品」ってのはこういう事だよ。男に生まれてきてごめんなさい。(京都府・ヲ)

【兎の麻薬は甘い味/うにへえ】
●「ありがとう」美しい言葉。勇気の要る言葉。クロお姉ちゃん輝いてます。やさしいなぁ。(宮城県・松田功一)

【着物の本/うめしそぷろじぇくと】
◆着物好き好きに溢れた合同誌。着物を着る事は女性の心からの贅沢なんですね。着物の着付けは家庭科で必修にすべきと実感。皆さんも日本人の民族衣装?である着物を着てみませんか。(埼玉県・阿部紀巳夫)
●着物に対するそれぞれの思いが感じられる。便利とか、安いとか、楽だとか、そういう部分だけが全てを埋め尽くしてしまう状況は何とかならないものなのか。普段着としての和服が消えてしまい、民族衣装が「珍しい」という異常な状況がごく当たり前になっている事に今更気付く。「好き」だけど着ようとしない自分も問題か。(栃木県・夢幻)

【Yellow Man/えげつないやん家】
●ここまで戦争をおちょくった女性作家さんに始めて出会いました。しかもイケメンぞろいなのになんでこうギャグなのー!!理屈ぬきで好き!! と言えます。(神奈川県・麻生絵里)

【日記マンガ,Aトラックス/絵夢】
◆迫力No.1。(東京都・momo)

【Woldirus Sin/M2 BRAND】
◆化け物にとらえられたお姫様を救うため、占い師と魔導師の少年が戦うファンタジー。作者のいうとおりファンタジーの王道いってます。二人の少年の掛け合いがおもしろい。後編が楽しみです。(東京都・槐樹)

【ナイチンゲル子によろしく/Old wiseman】
◆っていう題からしてキてます。女装看護婦さんと入院中の男の子のカラミを描くが、これはJUNEか、ショタか、ロリか、それともエロなのか? 新たな世界に目からウロコがぽたりぽたり状態。(?・案乃定)

【呉服屋 独楽/帯】
●前回、見本誌を読んで、良いと思いつつ買い忘れた本。幼く見えて腕の良い呉服屋の独楽ちゃんや、姉後肌の治安隊長、〓ちゃん。見た目は厳しいけど優しい隊員たちのやりとりが楽しくて温かい気持ちになる。(長野県・みすず)

【独身×三十×一戸建/Original Aim】
◆三十路独身男性の家造り日記。一生の買い物だけに色々大変。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【ヒ痛鋭角#0/海聲堂本舗】
●#0ちゅうだけあって、内容はほぼ人物紹介だけ、といった感じ。次回#1では、きっとおもしろいモンを見せてくれるだろう、という期待を込めて1票。早く出してね(脅迫。)(東京都・セオナツヨ)

【懐中天幕vol.4/懐中天幕】
●サークル紹介誌なのだが、中身は少女二人が活躍するオカルトアクション「横浜骨董調査局」という長編小説。この4冊目で無事完結を迎えた。多少気になるところはあるものの、なかなか読み応えのある良作だった。なによりこれを無料配布する作者の心意気がすばらしい。(埼玉県・無銘)

【九月病(3)/海底温泉】
●広志の認識と彼が適応した(どころか能力的に君臨さえ出来る)現実の進行が社会的に乖離して、更に幸福感そのものが剥離する展開があまりにも凄まじい「九月病」の佳境。話は飛ぶが某スーパースターが子どもへの性虐待で逮捕された。私は被疑者が整形や脱色をしていた事実から「彼は自分が大嫌いで子どもと性行為している時が好きなんだ。どんなに愛されようと自己信頼が引き上がる事はなく、子ども相手の性行為の刺激の時だけ(基準となるべき自分がないのに)思い描いた自分になることが出�驍セ」と思ったが、広志の場合もこれと同じで少女系ややおいの"100%の愛情"さえももはや通じないのだろう。「俺にできる全部を── ただあの子を幸せにしたいんです。その気持ちしか、もう誇るものがないんです」は広志自身の事だ。何故なら真鶴は彼自身の象徴で逃げた元婚約者の早千、妹でありながら抱いた女性、彼だけが知っている海老沢の表情は全てが代償行為そのもので、その根底には愛してほしいのに愛されなかった自分がある。人に知られる事なく自分の中だけにあるその起源、そんな悲しみを繰り返しそれは何処から来て何処へ行くのだろう。(東京都・羽鳥理人)
◆一生懸命に不幸なところが痛々しくも続きが気になります。(東京都・tchiga)

【「愛してる」って100万回/カイトウパンダ】
●幼馴染みでキスしたりする間柄。そんなあいまいな関係から、一歩踏み出そうとしたまことと一緒にいることに、苦しさを感じたひかるは、いっそ全ての関係を切ろうと思うが、結局それはできなくて。心理描写が巧みです。(長野県・みすず)

【やみのひめ/蛙の館】
◆主人公が若者でなく、壮年の男性である点に現実味を感じました。人物設定がリアルなので、突然ファンタジーの世界になってもすんなりお話に入っていけました。読後、がんばろうと、勇気をもらった気がします。(東京都・どろ)
◆「本当はおっさん」な少年の台詞がそれっぽくていちいちかわいいです。いつもと違うタイプのお話でしたが素敵でした。(東京都・報沢睦己)
◆本に宿る力はありますか?夢を信じる力はありますか? …、心の引出しの奥底にしまいこんで忘れてしまった宝物を思い出そう。そして頑張って歩いていこう。そんな気持ちになるヘタレた時、悲しい時、苦しい時のオアシスのような物語。(埼玉県・阿部紀巳夫)
●物語を読むのは大好きだけど、まるまる覚えてしまうほど一つの物語にのめり込んだことは無いような。本について、自分について、ちょっと考えてみたり。(栃木県・夢幻)

【ランゲルハンス島で会いましょう/GATTACA】
◆ヘタレらぶ〜。(東京都・河村)

【卒業。/カタルシス】
●おかえり〜。モノローグの切れ味は健在ですね。また帰ってきて下さい。(東京都・松田功一)

【BLUE/カナリアン・パレス】
●どこまでいっても結局は別の人間、それでいいじゃない。とか思ってみたり。(東京都・河村)

【南アルプスの少女/かもしかや】
●山に行きたくなりました。(栃木県・夢幻)

【時計塔/ガリ(義)兄弟】
●時計の精と歌を愛する異形の王様、人ならぬ主人に使える二人のメイドの物語。主人との別離を通じて彼女達の幸せを描き、また人の幸せについて考えさせる。大人から子供まで感性豊かな人全てにおすすめしたい。2003年度冬学期、メイド学特講 必須教材。(東京都・しおから)
◆独特のテンポと丁寧なタッチに引きこまれました。(東京都・らいな)

【たまゆら童子〜画境に遊ぶ〜/閑古亭文庫】
●たまたま会場内を歩いていたら、ふと目に飛び込んで来たこの優しい絵柄。そして不思議な世界が柔らかく包み込む…そういったストーリーが疲れた私を癒してくれました。これからが楽しみな作品です。コミック乱TWINSに連載されているのですが単行本になりそうもない、とのことで発行された一冊だそうです。(神奈川県・宇田川玲)

【31st CENTURY ROCKS/狐塚】
●以前出された「長い秘密」と「NICE DAY」を1冊にまとめた再録本。夜の電車の中で偶然出会って、成り行きでホテルで一泊することになって、そしてそのまま付き合い続けている女子大生と彼女いわく「兄に似ている」男の間の、遠いようで近いような距離から目が離せません。次回作「バラ色の日々」が楽しみです。(埼玉県・人間橋)

【アレに向かうカラダの衝動この世界をこの手にまとえ/キャー】
◆ぎゅるぎゅるぎゅるぎゅるぎゅるぎゅる…… ぎゅるぎゅるでした。(東京都・らいな)

【猫耳インスパイア/キャー&またにたん】
◆のほほんとしてていい。(東京都・匿名希望)
●ある日突然に猫耳になってしまった女の子のごくフツーの生活。フツーっぷりとほのぼのっぷりがよいです。癒されます。(埼玉県・森砂季)

【いつかこんな日が/逆ギレ刑事】
●人の内面・悩みに向かい合うのはこわいけど、その上辺のありふれた日常も重要なものなんだと気付かせてもらいました。青春てすばらしい。最後のシーンがとてもさわやか。(群馬県・七川なお)

【リーディング・エッジ/キリング・フィールド】
◆神田川を台風の中、カヌーでレースする話です。スピード感がものすごくってトリハダたちました。(?・ごんし)

【子供たちのおとぎ話 ただし今だけ/緊急合同サークル】
●「鶏と卵どちらが先? 答えは私」そんな謎めいた台詞に始まるクローン、一卵性双生児、遺伝子操作者の、差別とすれちがいの寓話。鋭く、痛く、けれどもどこかあたたかい作者の視線。(神奈川県・舞村そうじ)

【そらの花/下り坂道】
◆誰も手入れをすることのない学校の花壇の手入れを続ける少年と、そんな少年と出会った主人公の少女。花壇が取り壊される事になって、全てが無駄になるとあきらめる少女に対し、少年は「後悔したくないから」と花を別の場所に移し替える作業を続け、そんな少年を見て少女もやがて…簡単なようでなかなか実行には移せないことをさらりとやってのける少年が側にいたら、そりゃ誰だって惚れるわな。(埼玉県・人間橋)

【hou to BJPM/CLUBピストルディスコ】
●BJPM(ブロックジョイントプラモデル)のマニュアル。ヒジョーに分かり易い。各パーツをどう使えばいいか、どういう目的で作られたかの解説が詳細になされていて、これを読むだけでも創作意欲が湧いてきちゃう。可動モデルファンには必読の書かも。ちなみに表紙でペンチ持ってますが、実際にはニッパとカッターがあればOK!いかがですかお兄さん!!(東京都・echo)

【こいぬ劇場2/ぐるぐる工房】
●前作に引き続き、淡々と過ぎてゆく時間の中、日常だけど日常じゃない摩訶不思議な雰囲気にあふれた世界。奇妙な生き物とそれに脅える小犬、飄々としたお母さんとちょっとおたくなお父さん、…そしてネコパンチ。このシュールさ、このおかしさ、一旦はまったらクセになりますよ。(東京都・匿名希望)
◆シュールNo.1。(東京都・momo)

【メガネの探偵さん/鉄の砦】
●ツボすぎて会場で読めませんでした(一人で笑う不気味な存在になるから)毎回、面白いです。(東京都・らいだゆず)

【日常ぽっけしょ/ゲーム部】
◆ナイスガンダム。むくわれないジオン好きの人に幸あれ。(神奈川県・上大岡在住)

【少年少女/幻蒼空間】
◆堕天使と羽をなくした天使との純愛。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【ANGELIQUE GARDEN/幻蒼空間】
◆楽園に住む少女と楽園に迷い込んだ少年を描くファンタジー。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【First Fruit/幻蒼空間】
◆少年と少女のラブラブハッピーな物語。女の子の小悪魔的な魅力がイイ。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【猫たちの秘密/幻蒼空間】
◆人間(猫耳)モードでも動物モードでも可愛くかつワイルドなH。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【Sweet Secret/幻蒼空間】
◆幼なじみ同士のラブラブで胸キュンな可愛いH。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【ZIPNY 7 with Video the Zipny1+2/コーノコーイチ】
●イセッタとゴッゴモビル。イセッタの後ろ姿はカワイイ。ゴッゴモビルは懐かしい2ストローク車。「4輪」という事もあり、モーガン爺ちゃんを見た身には、普通の車に見えてしまう(笑)。Video the Zipny 2 のオープニングは笑える。(栃木県・夢幻)

【衛星飛行/コッペリウス】
◆夢と現実を空と地上にわかりやすく対比しており、読みやすくさわやかな話で気に入りました。(千葉県・yoshi)

【先生の荒れた胃袋 巻第六/寿百花園】
◆イベントで買えなかったこの本を読みに読書会に来ました。相変わらずの台詞のサエっぷりに脱帽。(東京都・報沢睦己)
◆とにかく楽しい。ノイローゼ城に住んでいる人間と、色々な生き物が個性的。コマの隅でキャラがどうでもいいギャグ。(東京都・田崎あきら)

【memento/小鳥の羽】
●表紙を開いて見てください。海より深く鮮やかな遊び紙の向こうに人魚が泳いでいます。登場人物は少年と少女と人魚で、この物語は主観者の台詞と独白によって進行していきます。しかしその源には厳しい事実が存在し、その外側の客観には残酷な現実が横たわっています。人魚は人の優しさを糧にその命を奪って仲間を増やしていた事や多くの人魚がそれを成し遂げられずに消えていった事、こうする事でしか種の命を繋ぐ方法がなく人魚はほとんどいなくなってしまった現実があり、少年はそんな事を知らずに人魚を信じて恋をし命を落として、人魚へと生まれ変わらざるを得なくなります。そして少女と人魚の遺品だけがとり残されます。もう一度反復して読んでください。あなたの目と耳と口が何かを感じているはずです。何故ならこれは寓話のような物語なのだから。(東京都・羽鳥理人)

【蝉の新生/コンチネンタル鉄道】
●精神薄弱気味の姉を持つ小学生の主人公は、その姉のことを慕っていた。姉は、容姿は美しいながらも小学生のくだらない遊びに等しい感覚にも自然に接してくれていた。ところが、自意識を持たない姉を取り巻く環境は容赦なく彼女を食い物にし……。主人公の自傷に幕を下ろす作品だが、考えさせられる視点の方向性は一つに限らず興味深いものでした。(東京都・echo)

【BELIAL 4/さいがや】
●物語がどうなるのか、戦争について、兵器について、どのように語られるのか、とても興味がある。続きに期待。(栃木県・夢幻)

【しゃもじ戦隊〜あなたに愛をよそぎます〜/さがらいせ】
◆おなかをすかせて困っている子にはごはんを与え、米を盗む輩にはしゃもじで成敗。突拍子もない設定だけど面白かったです。しゃもじ戦隊結成のエピソードも読んでみたいです。(神奈川県・五十嵐哲也)

【TACT(シリーズ)/桜井家】
●女性キャラしかいない世界で女の子同士の恋(H有り)を描いた作品なのだが、特筆点は同性愛の差別やレズビアンへの偏見といった存在がストーリーのついでの部分にキチンと据えられ、それに対して主人公達がどの様な仕打ちを受けどう有りたいかが私の快楽を決定した。何故なら世間の"レズ"イメージだけでなく、百合愛好家の"精神重視で肉体だとレズビアン"の認識に傷つけられる現実を当事者から聞かされているからだ。桜井家はこのシリーズではないRELATIONでも、同じレズビアンからタチに見られて自分になれないボーイッシュがフェミニンに抱かれて愛し合う事で開放されて一つに、自分に、私達になる件があるのだが、ここにもお菓子の甘さの中に虚構の真実が描かれ、これから多く出るであろう百合誌・百合作品に対してかなりの好例を示したと言えよう。(東京都・羽鳥理人)

【浅葱の滝の龍/流離横町】
◆龍と少年・少女との邂逅を描く昔話のテイストをきかせた現代の民話、ファンタジー。淡々とだが、心の奥底にしみわたる物語。(埼玉県・阿部紀巳夫)
●おとぎ話のような心の温かくなる話でした。マンガの情景描写はもちろん、画面や表紙の色使いなどもセンスが感じられて、ずっと手元においておきたい一冊です。(神奈川県・雪鷹吹風)

【BLUNT/ザッシュ】
●続きの2冊目。ハラ2・ドキ2のミステリーもの。やはりこれからどうなってゆくのか、目が離せません。(群馬県・七川なお)

【マナツノヨノユメ/さびねこ】
◆うまいー! びっくり。ストーリーも面白い。(?・トミー)

【桃色吸血鬼/さるさるの惑星】
◆4コマで区切られる不思議なリズム。なんかしんみりきました。(神奈川県・上大岡在住)
◆気まぐれな吸血鬼の少女と、少女に血を与える入院中の青年の物語。病で日に日に弱っていく青年のために、少女はある行動に出るが…かわいいのにあまりに切ないラストにぐっときました。(埼玉県・安藤はじめ)
●病弱な青年とその血を吸って生きる吸血鬼のとてもせつないお話です。短いページ数の中に弱っていく青年と慕う吸血鬼の姿が丁寧に描かれており、胸がじーんとします。出会いと暮らしが省略されているぶん想像させられ、読み返しているとせつなさが増してきます。(千葉県・yoshi)
●わざわざ好きなんて言わなくてもいいくらい分かりあってしまった、そんな二人は不治の病人と少女吸血鬼。掌に乗るくらいちょびっとで、けれどせつない、いい話を描く人ですね。(神奈川県・舞村そうじ)
●1ページ目でツカミはオッケー。いろいろ考える余地があって好き。(栃木県・夢幻)

【アメノナカ/さるさるの惑星】
●ちょっとズレているキャラクターが良い。(栃木県・夢幻)

【ダッチワイフ・ハニー/さるさるの惑星】
◆少しせつなくて、可愛くて、心温まるキュートなファンタジックラブコメ。「あなたを好きになるしかなくってもあなたならいい」なんて一度はいわれてみたい。(埼玉県・阿部紀巳夫)
●「ダッチワイフ」と呼ぶには高性能すぎる気が。短い中にいろんな要素が散りばめられていると思う。(栃木県・夢幻)

【湖の国のお姫さまと驢馬になった王子さま/沢田珈琲】
●昔話の絵本です。とても可愛い絵で見ていてウキウキ♪ 擬音が楽しかったです。この話のオチにはついニコニコしてしまいます。ほほえましい。王子も公主も大好きだー。(神奈川県・高橋美津子)

【ONE COIN GIGOLO/酸素型人間】
●お笑い芸人を目指す主人公たちと、その友人たちの笑える日常を描く。どのキャラもツボにハマりまくりで、たまりませんでした(笑)。この本だけでも十分通じますが、前作の「男酒・手酌酒」とセットでおススメします! あと、人物紹介のページのセンスに脱帽しました。(神奈川県・ATUSI)

【荒波兄弟コントライブvol2 男酒・手酌酒on coin gigolo/酸素型人間】
●お笑い魂にカンパイ。こういうの描ける方、尊敬します。(神奈川県・吉野はるか)

【ぐるみのねこ/サンタロー】
◆真面目な不倫相手の男に妊娠を真正面から受け止める女。作者の優しく暖かな人間観が読んでいて心地良いのです。(東京都・山野さかな)

【ラブレター/3-A】
◆2003年で最も完成度の高い恋愛まんが。ただし、主人公はネコ(♀)、相方は飼い主。制御不能な純愛が疾走する。(大阪府・なかせよしみ)

【今日もどこかでヘリオくん/Si-z】
◆微笑のまま表情の変わらない魔法使いヘリオ君の出来事のお話。描画と相まって、温もりのあるストーリーが読み手に読みやすく、どんな気分の状態でもニュートラルに戻してくれそうです。(?・ふーりん)

【FH/Jet Dekopin Books】
◆何から何までスキの無い構成! 萌えをキレイにまとめるセンスに萌。(神奈川県・上大岡在住)

【CONTACTs 2/Jet Dekopin Books】
●今、カメラの世界は自動焦点・自動露出全盛なのですがそんな中、40年前のハーフサイズ一眼レフの解説書に出会うとは。かつて愛用していた方はもちろんこれからカメラの世界に踏み入れようとする方にも是非読んで欲しい1冊です。カメラの解説書だけに写真を多用した構成と、それに見合う印刷製本を施してあるのは個人的に◎です。(静岡県・瑞鶴)

【運命とネコ耳/塩こんぶプロジェクト】
●決定論とネコ耳、このSF業界でも萌え業界でも「ありがち」とみなされる材料を用いて、人生におけるパラダイム設定の重要性を説く哲学的作品。嘘です。ラブコメにこのような解釈を加えてしまうあたり、私の心は素直さを失ってしまったらしい。ウボァー。(東京都・しおから)
◆SFテイストをいかしたキュートで少しせつなくポップなラブコメ。「ありがちを科学する」が持ち味のさりげなさと深さとまんがの面白さを一気に展開。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【TIMEBOMB Vol.1/繁蔵一家】
◆「それは終の世界の二人の物語」虫が運んだ病原菌によってほぼ壊滅状態の本州(日本)で必死に生きているユーサクとコハル。ユーサクがなんとしてもコハルの夢をかなえてやりたいと言う気持ちがよく感じられました。コハルはきっと幸せになれたと思います。(神奈川県・凱王丸)

【砂穂草紙/地蔵堂】
●架空の?島を描いたコメディ時代劇。序章らしく短いのが難点だがこれからが楽しみ。真面目っぽそうな代官さんがおちょくられ通しなのが笑える。(神奈川県・みさこ)

【Dance Partner 3 DANCE HALL/Gypsy's Kiss】
◆人に作られた物だからと言って、人が思うがままに扱ってもいいわけではないし、逆に人に絶対服従しなければならないわけでもない。「スタンドール」は人に造られたものである事に変わりはないのだけれど、完璧でないからこそ人間らしい彼女達の幸せを願わずにはいられない。(埼玉県・人間橋)


【眼鏡浪漫/女子二楽坊(Money child, Rich child.)】
●やっぱ、たむらゆうこさんの描く話はカワイイ。女の子のほんのちょっとした仕草それ自体ではなく、その仕草の奥で考えてる他愛もないこと、の揺れ動きがともてカワイイ。揺れ動き=時間経過ってことで、一緒にドキドキさせてくれる手腕に脱帽。はふぅ〜〜ん。(東京都・echo)

【マヒルノホシゾラ/simprune】
●絵が丁寧に描かれており、白と黒のコントラストがカッコよかった。ストーリーもなかなかハードボイルドで、無情感に溢れていて、切なさだけがシミジミ残る…。次回の作品もとても楽しみにしています!!(神奈川県・XXX)

【少女プラシーボ/すあまフレンズ】
◆同じ学園の名も知らない下級生の女の子を、病院の窓辺からずっと見つめ続けていた病弱な少女の尽きせぬ「想い」が、自由の利かない身体(からだ)から抜け出し、日ごと何も知らない想い人と逢瀬を重ねるという、切ないリリカルファンタジー。いわゆる少女同士の、ピュアな心の交流を描いた作品であり、取り立てて「百合」のカテゴリーに当てはめる必要もないが、こうした友情と恋心ともつかない、思春期独特の少女同士のえも知れぬ「関係像」を描いた作品こそ、最近じわじわと注目を集めだした「ソフト百合」作品の「神髄」そのものであり、正統派「少女漫画」路線の作者による本作は、大いに注目に値する作品なのである。(千葉県・愛夢恵)

【Kitty Star/すあまフレンズ】
●猫耳メイド姉妹と、その姉妹がお仕えするお嬢様のお話。姉妹の可愛さはもちろん、読み進めているうちに一見意地悪そうなお嬢様も実は大変優しい心の持ち主で、非常に可愛らしい性格だということが分かり、ホッとして嬉しくなりました。ふんわりとした雰囲気に心が和みます。(和歌山県・井指理恵)

【爪色の雨/水燈】
◆最後の台詞が心に染みワす。(東京都・山野さかな)

【ヨンコマ どっこい韓国旅行記/スカイビィンズアベニュー】
◆ラブホテルの丸いベッドに男4人で泊まるのは嫌ですが、不思議と韓国には行きたくなりました。(千葉県・安田勁)

【へびのだんなさま・準備号/スクラップ医院】
◆続き期待〜。(東京都・匿名希望)

【毒のふる町 act.2/Studio Fz】
◆オリジナル初めて読みましたが、こちらも続きが気になりました。(埼玉県・?)

【APOCRYPHA Vol.1/スタジオた〜】
◆プロですよね!? 完成された描線と小気味良いテンポ、そして大迫力。続き物らしいですが、この1冊だけでも完成度高い。西部劇風の舞台が更にカッコヨイですヨ!!(東京都・あまた悠海)

【崑崙主 とうかの妻君の話/スタッフWHY】
●新刊ナシとのことだったが、立ち寄ってみたら買い逃してた一冊が復刊。ラッキー! 神社の、鳥居の向こう側に広がる暗闇が心的にのしかかる描写、リアリティに圧巻。間接的に描かれるうっすらとしたエロスがまた物語りに一層つやを出していると思う。長編準備中とのことなので、気長に待ちたいところです。(東京都・echo)

【SNOW BERRY通信Vol.3/Snow Berry】
◆「もし身長25cmの双子の兄弟がいたら」「もし赤いバンダナをしたおタクの(息子を理解している)お母さんがいたら」と読んだ後、そんなことを考えてしまうほど印象に残る作品でした。(神奈川県・五十嵐哲也)

【あまいのからいのしょっぱいの/セオナツヨ】
●…はずかしっ。(東京都・セオナツヨ)

【GENTILUOMO/setteorsi】
●オノナツメの本が以前から気になるけど、とっつき口がつかめなかった読者にはおすすめ。オノナツメの傑作短編集。老眼鏡というアイテムにいかに萌えを感じうるかという視点もわかりやすく盛り込んだストーリーが、あなたをオノ・ファン&メガネ萌えにする。(大阪府・なかせよしみ)
●ご老人+メガネ=老眼鏡。まさにツボ!! これはスゴイ! 一話目しっとり ニ話目萌え萌え。 三話目うっとり どれもステキな紳士のステキなお話です。久しぶりにこんなにときめきました! 素晴しいです。格好良いです。めろめろです。萌えだけでなくお話もとても良いです。三話目はつい感情移入してしまいました。教授可愛い…! ニ話目は是非シリーズ化して下さい!! (神奈川県・或麿えり子)
●「西洋骨董洋菓子店」に匹敵しないかコレ? しかもオノナツメにはめずらしく女性キャラが大きく登場。フツーの友達の誰にでも読ませられます。てか、うちの彼女が「すごい! 最高傑作!!」と言ってはばからない。何卒これからもいろいろ作品書いていってくださいませ。(東京都・echo)

【nove stecca1〜4/setteorsi】
●はじめ登場人物が多くてよくわからなかったけど、読みすすめていくうちに話に引き込まれていきました。読み終わった後の切なさ。続きがとっても楽しみです。(6冊いっきに買って正解でした♪)(福岡県・うんとっと)

【シャングリラ/世緋亜◆摸細工】
◆絵はちょっと荒いものの、「ネットゲーム」を題材にしてのドラマがうまい。たかがネットゲーじゃないんだよネ。せつなかったりやるせなかったり。心までつながっていたいのだよねー。実は青春ラブストーリーなのがミソ。(東京都・あまた悠海)

【TERRACOTTA WINGS/セミノーハ】
●「扉をたたくもの」をテーマとした無料配布の合同誌。いつも買いに行くサークルさんが参加しているのでもらってきたのだが、見落としてる良サークルはたくさんあるんだなぁということを再確認。これでまた回るサークルが増えた。(埼玉県・無銘)

【Morals under a pagoda/1000decillion】
◆戦争と平和、生と性、男と女…様々な要素・想いをめぐらせながら古代メソポタミアにおける風俗・性を描く。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【青の姫君/大回転サービス】
●とても丁寧に丁寧に大事に大事に描かれている作品だと思った。(福岡県・うんとっと)

【MAID-SAN VS MOEVMENT/大深海水淵亭】
●あの幻の「たたかえ!メイドさん」が大増ページでリローデッド。横溢する毛魂(スパークリング)は明日のパラダイムを生み出すのか!? いやどっちでもいいんだけど。(京都府・ヲ)
●……いや、そのメイドカスタムは(オレ的には)アリでしょう!(東京都・echo)
●相変わらず無茶苦茶です(笑)。(東京都・河村)

【ERIGONOMIX 3/退避ミキサァ】
◆かわいいやら、かっこよいやらで。あこがれる絵柄です。(東京都・らいな)

【チキンレースシアター/たけまさおたか】
◆いやしの一冊です。ネコー!(東京都・報沢睦己)

【Tany garden 2003/Tany garden】
◆幸せって何だっけ…気付いてないだけなのかも。心がホッとする秀作3本立てでした。(東京都・あまた悠海)

【料理の学校総集編 上/多夢都夢】
◆料理教室の先生の実録4コマ。「刃物が友達」ゆえのひんやりするネタもあったりして。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【ハリボテドクロ/ち】
●ヒリヒリして読後涙目。最近の私のドラッグです。(東京都・柴田眞紗子)
●来た! やられた! アクション編。斬る。走る。間合いを計って見栄を切る。カッコよさとスピード感にこの身をさばかれる思い。そして、魅力にKO。(東京都・echo)

【妖怪一発描き/月夜工房-妖怪総進撃-】
●一発描き、素晴らしかったです! 江戸の妖怪絵師もかくや…という感じで…。本ではないのですが、あまりの見事さに、おもわずPush!! 機会があったらこの企画またやってください!!(神奈川県・閑古亭隠居)

【つゆくさ/つゆくさ】
◆姉さんと妹のお話、好きになった物を妹にする姉が主人公なんだけど、その時の妹の立場みたいの考えるとより楽しげ。せつなさよりもホンワカ不思議な気分。(東京都・KAGIROHI)
●またしても丸山氏オヤスミ。とはいえ、「美しき町」の圧倒的存在感、「姉さんと妹」の不思議な距離感はすばらしい。三島氏の作品の、妹を描くようで、姉の感覚に読者の視点を置かせてしまう倒置的な読後感を持たせてる描写喝破力は凄まじさすら感じてしまう。思わず、妙なようで意外に普通な姉に惹かれてしまうのでした……。(東京都・echo)

【Golden Liner/TT WOrKS】
◆都市伝説と鉄道ミステリと少ーしHな学園ラブコメをMIXさせて、あれあれあれーっと思いつつ一気に読ませる。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【嫌煙家V/T-NORTH】
●ご存知嫌煙家シリーズの第5弾。今度は全編先生シリーズで登場! ギャグなんだけれども根底に流れる社会批判(?)に苦笑いせずにはいられません。この世から煙草がなくなる日がくればいいなあ…。(東京都・うんの)

【ぼくだけのメーリッシュもうひといき版/デジタルボウイズ】
◆妄想天国状態のメイドさん喫茶を描く。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【鉄腕女子高生稲尾/鉄腕少女】
●タイトルで楽にフェンスオーバー。内容は場外ホームラン、どころか西武ドームの屋根をもぶち抜く豪快さ。170キロの豪速球を投げるキャッチャー指向の女子高生とバッティングセンター部(?)の面々が繰り広げる野球的ギャグマンガ。キャッチャーミット萌え、な人は必読。(東京都・furry)

【trick Star/DEPTH3000】
●アンコウさん個人誌のご本人いわく「イラストだけのペラい本」ですが、いや、なかなかどうして! こんな見事な俯瞰を描けるなんて! 角のある登場人物が活躍する本編を待っています。(東京都・うんの)

【極東ゲーム/電気ねずみ】
●オヤジが嫌われるようになってもう何年がたっただろうか…。そのなかでもオヤジが大好きな作者さんの愛情がにじみ出ている作品です。ハードボイルド、アクション、クライムが上手くミックスされたストーリー展開には全く飽きが来ず、どんどん話に吸い込まれていきます。そして匂いがしてきそうな絵柄。男、汗、香水、酒、硝煙、血…。男達のしのぎを削る日常の中に悲しい親子の情があって、お互いを大事に思うあまり、それが悪い方向に向かっていく…悲しすぎます。続編(最終回?)が出るらしいので、とても楽しみです。(神奈川県・宇田川玲)

【ロケットスターター1/天文やぐら】
◆はじまりは、普通に学園モノでいくのかと思いましたが、突然ファンタジーのようなギャグのような…。作者の方の画力といきおいにおされ、パーッと読み進んでいました。(東京都・どろ)

【RED HOT PINX/でんや】
●うっかり女子高生が誘拐犯に…!! パワー系女子の紅さんが良い! イキオイのある漫画でした。(兵庫県・欧文廉ニ)
◆深刻な事態にみんなテキトーに自己中な行動取っていくとこんなに面白いことになるのか、と思いました。主人公のダルダル感がスキです。(?・岡田月華)

【ホームレスブルー/でんや】
◆今の世の中の暗部を切り取ったような設定。ブツリブツリと場面展開していくんだけど、一貫したテーマが物語の底に流れていて、一気に話にのめりこんだ。「家」の意味は深い。とにかく「生きろ」。これに尽きる。(他の本もスピード感あっておもろかった。話の作り方なれてるっスね。)(東京都・あまた悠海)
◆はっきり言って重いテーマであり、しかも救いのない結末なのに、割と軽い気持ちですんなりと受け入れることができた。なぜならば主人公の少女達同様、我々読者も、この物語終わった後も、それぞれの自分の人生を「生き続けなくては」ならないからである。このストーリーには、軽々しい「希望」も「絶望」も存在しない、ただあなた自身の「ありのままの現実」を受け止めると、問い掛けているだけである。(千葉県・愛夢恵)

【Broom ride anti-climax 帚乗りは終らない/ドイスボランチ】
●ファンタジー小説。「帚乗り」とは、高度な魔術でカスタマイズを施した帚にまたがり、高速でシュバルツバルト(黒い森)を駆け抜けるレース。誰よりも早く森を駆けることは魔女にとって最高の栄誉なのだ。北欧の魔女学校を舞台に、東洋から来た主人公チカは、退屈な学校生活の中で唯一熱くなれる「帚乗り」にのめりこんでいくのだった……。ってスゴク読みたくなるよな。オススメ。(東京都・echo)
●ここのサークルさんの本を読み終える時、どうしても微笑んでしまいます。いい脇役がいると話が面白くなる、それの見本を見たような気になります。サリバン先生良すぎです。やや長く感じますが、最後はとても楽しい気分になるそんなお話です。(埼玉県・sirayami)
●ホウキに跨り単身「世界の夜明け」を目指すチカ。舞台となる世界や、魔法と科学の融合的なホウキの加速原理などの設定もさることながら、ストーリーそのものまずグイグイと引き込まれた。この世界を舞台にした続編にも期待したい。(埼玉県・無銘)

【ナジミ年代記/東京イントロダクション】
●世界線の彼方で待つ「物語」を目指し主人公が旅立ってジ・エンドという話は少なくない。けれどこの本は置いていく「こちら」がしっかり重く、愛しく描かれていて◎。次なる物語をさらに期待。(神奈川県・舞村じ)

【マリイの園で/突撃工房】
◆設定的には19世紀頃の英国貴族の兄妹の話なのですが、英語を話せない日本の女中、失語症の女の子、生き埋めにされそうになっていた執事を拾ってくる兄、それに対する常識的な妹。19世紀の英国は不思議な時代だったんだなぁ。(東京都・ぶんご)

【魚類正義魚マン/トラウマヒツジ】
●ずっと買ってますが、今回はなんとヘルダー様の日常生活に密着! へーちゃん(←オレ的愛称)ビロ似合うやんとか、マンガ化(マンガやん!)とか、オモロさ上乗せです。魚マンの「中の人」(しかも美少女)も登場してますます萌えあがる魚マン! 目ェはなせまへんなぁ〜。(東京都・echo)

【ハッピーバースデープレゼント/ドラクト】
◆子の母を思う気持ち、母の子を思う気持ち、それぞれがMIXされてまろやかなドラマになっている。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【看板娘はお空でデート/渚のハイカラ金魚】
◆ランジェリーショップの店員さんは下着姿で販売中。腰が冷えないかなーって少し心配(←おばさん的発言)。(?・紀子)

【初恋エレジー/NEEDLE SHOP】
●ユキムラさんの描くキャラは素っ頓狂な勘違いをするキャラが多くて、読んでいて笑えます。かわいいです。(東京都・槐樹)

【その先の線路に/虹の卵】
◆1997年9月の信越線横川〜軽井沢間廃止を舞台としたラブコメ。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【流星学舎 六/にら】
●終わっちゃった…とうとう…。とっても面白かったです。大好きでした!(東京都・東山忍)
●二作品とも、最後まで先の読めない展開でした。漫画において、登場人物の台詞回しが巧みとは、こういうことかと思います。(長野県・みすず)
●二人の物語に共通していたのは友情です。政治を正すために、大学にまぎれこんだ王子を助けた人達が集まり、追試のために力を合わせて戦ったりしました。そして、それぞれが目標を達して、次なる場所へ去っていきました。今回で最終回で、かれらに会うことはないけれど、それぞれが幸せな結末を何か得たのでよかった。特に、王子は友情以上のものを見つけ、よき伴侶に出合ったので、めでたしめでたし。次回作を楽しみにしています。(東京都・槐樹)
●このシリーズを読んでオリジナルに目覚めた描き手がきっとこのあと出てくると思う。長い間お疲れさまでした!(神奈川県・舞村そうじ)
◆おもしろかった。他のも読みたい。入江アリさんは大好きです。(埼玉県・?)

【ぬる本/ぬるまゆ】
◆「ちくわ部長」あらため「ちくわオジサン」が(2編収録)軽くくすぐりながらも、深くて切ない。30編ぐらいのシリーズに展開してほしい。(大阪府・なかせよしみ)

【猫茶漬け 創刊号/猫茶亭】
◆普通では見ることの出来ない何かが実在するかのような情景がきれいに表現されており、その中でキャラクター達がホント楽しそうに生き生きと描かれていてなおさら素敵だと思いました。(埼玉県・人間橋)

【しろいくも/音々堂本舗】
◆不思議な感じの絵柄としみじみとせつない感じが良いです。(東京都・tchiga)
●何回読んでも涙があふれます。(長野県・みすず)
●最初はほのぼのとしたいつものストーリーなのかと思ったら、途中からずしんときました。シロとおじいさん、それぞれの想いが、切なくて切なくて、読み終わる頃には涙が止まりませんでした。短いストーリーの中であれだけの気持ちを詰め込めるのはすごいと思いました。(東京都・まい)

【幸/音々堂本舗】
●三本の話のうち、三本目が一番好きです。音子さんのやさしい線の絵と、お話がぴったり合って、じんわり心にあたたかみが降りました。(千葉県・汁男優)

【夕凪の街/の乃野屋】
●被爆者でもなくその2世でもなく、広島出身でもなく、そこに親類がいる訳でもないけれど、私達は原爆について「知る権利」と「語る権利」を持っているのですね。一度紹介された本ですが、Pushせずにはいられません。もっと多くの人に読んで欲しいです。(東京都・うんの)
◆「運命」の一言で表してしまうにはあまりに理不尽な悲劇。読後時間がたつほどに、ぎりぎりと心を締め上げてきます。必見。(埼玉県・安藤はじめ)
●前回の見本誌読書会にて手にした時は、評価をもう一つ下せずP&Rにはノミネートしませんでした。今回あらためて手にして読み直しても実のところまだ私にはこのまんがの真価が計りかねます。でも、この作品は日本国内だけの発表にはもったいないという気がしてしかたありません。できればこの作品の英訳版作成に自分は携われないかと、真剣に考え込んでいます。(大阪府・なかせよしみ)

【徒爾少々乃1羽/のぶ子堂】
●絵柄がかわいくて、しかも背景も凝っている。たくさんの文献を参考にしているらしく、奥が深い。歴史や骨董好きにはたまらんでしょうな。今後の展開がたのしみな一冊。(群馬県・七川なお)

【ちゅ/Perfect world】
●「リアリティのあるラブラブ」を描かせたら天下一品、もーホントに幸せなちゅーを描くのが上手いんす〜!! 見事な「大人の少女マンガ」。(東京都・柴田眞紗子)

【Free Gift/バイセクリバーシブル】
●双子だから性格も似ているしライバルにもなる。ありがちなテーマだけれど、二人の気持ちのずれがうまく表現できていて、面白かった。この本は雑誌の投稿作ですが、このような本をよく見かけます。マンガ家になるためにがんばっている人がたくさんいるのだから、コミティアのレベルも上がっていくわけですね。(東京都・槐樹)
●前半のイラスト集と、後半の漫画のバランスが取れた一冊。漫画『ツインズ』は、双子の二面性が気持ち良く描かれた作品。大沢さんは演出も巧みだなぁといつも思います。(長野県・みすず)

【PPP! Punpkin/Pound Cake王国】
●凝った仕掛けが凄く好きっ!!!です。これこそあおい忍さんの緻密さ(?)が滲み出ているなあ…と思いますが、表紙からクラっ!! と来てしまいますね。今度はバレンタインを題材にしてやって欲しいものですみすみ。(東京都・清原良春)

【鬼狩師/ハクタク】
◆もったいねー! こんなしっかりした話で勢いもあるのに、コピー手製本か。装丁はショボイものの(すまん!)中身は時代ものファンタジー王道。キャラが光ってる。もちっと自分に自信持っていいんじゃない? 本作りまで丁寧になれば文句なしっス。(東京都・あまた悠海)

【鬼相の面/ハクタク】
●最後まで読んだ後だと、表紙の国守様お人形遊びが何だか意味深でした。(東京都・?)

【滅差滅差カーニバル'03秋/はしくれ工房】
●前作もそーでしたが、ほのぼのとした日常の中、素直なギャグに笑い、拙ない、でも純粋な優しさに心が暖かくなるそんなラブコメ。滅差面白かったですよ。(東京都・守井輝)
◆押しかけ女房物になってしまうのだけれども、セリフの言い回し、間の取り方がうまく、面白い。有栖川の小ネタはタイムリーで、ふき出しそうになった。(東京都・田崎あきら)
●5月に発行された前作の反響に応えての続編、前作を知らなくても十分楽しめる。タイムスリップしてきたお戦国時代の姫さまを中心にしたコメディと、ツボを押さえて描かれる優しさがマッチして、読んでいて気持ちが暖かくなる。特に締めの「明日(四百年分)」はちょっと格好良すぎる位いいお話。(神奈川県・HF46)

【AZZVRPO E ROSSO/8月メダル】
●「青の突撃者」は男のスポ魂マンガ。サッカーの試合に勝つためにがんばる少年の物語、とても熱いです。一方、「chameleon ami」は、ひ弱な双子の弟のためにサッカーの試合にでる姉の女の子の物語。ギャグあり、迫力あり、読んでいて楽しかった。(東京都・槐樹)

【本能計画/801倶楽部】
●ダイエットに限らず、一つの物事を成しとげる事、そしてそのために今までの自分を変える事の大変さを痛感させられる。「ダイエットは、まず心のぜい肉を落とすことから」by西村修。(埼玉県・人間橋)

【うおうお 4/花絵本】
●またも「タイトルに偽りあり」のカメの話。手抜きをしても大丈夫なカメ相手に、なんだかんだ言いながらもまめに面倒を見ているあたりに愛情を感じる。カメたちがちょっと間抜けな所がカワイイ。(栃木県・夢幻)

【STOLL/VANISHING POINT】
◆大人と子供の関係なんだけど、可愛い女の子に魅かれずにはいられない気持ちを描く。例えるなら光源氏の紫の上に対するそれかなー。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【WINTER NIGHT/VANISHING POINT】
◆吸血鬼・ミサキと彼女の同居人・クロエと彼らをめぐるハンター達の世界。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【THUNDER/VANISHING POINT】
◆こんな雷にふるえる可愛い女の子(実は吸血鬼)になら血を吸われてもいいかなーって思ったりして。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【貧乏姉妹物語/ぱへかへ】
◆貧乏でいて、お人よしの姉妹。いわゆる貧乏くじばかり引きそうだけど、きっと良い事があるよね。(神奈川県・凱王丸)

【科学と学習/ハムくまズ】
◆第1部完最後まで笑わせてもらいました。(埼玉県・?)

【うたっていると君の歌2/PARAGON】
●待ってましたの第2巻。
春ちゃんのお母さんや生物部部長にオモチャにされながらも頑張る桐君が健気。タイトルの意味も分かって、なるほどと納得。二人の関係がゆっくり進んでいけば良いなぁと思います。(長野県・みすず)

【WOLF'S BLOOD/はりねずカンパニー】
◆学園コメディからホラーへと移行し、ミステリ・アクションで締める狼男(女)をめぐる奇想天外かつハードな物語。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【FORCE[07]/BarcHetta】
●今回は二輪のみ。モトクロスの写真が目新しい。スピード感があるのはもてぎのMotoGPだが、距離が近い感じがするモトクロスもなかなか良い。(栃木県・夢幻)

【神谷日記/Barusu】
◆ひょんな事から婦人服・下着売り場に配属されてしまったバイトのお兄さんの実録4コマ。小学生の女の子に好かれたり、「私にはどのショーツが似合いますか」って逆セクハラ?されたりと男性ならではの苦労があるんですね。本当に面白く、堪能させて頂きました。
(?・紀子)

【水盤/パルス編集部】
◆この絵じゃなければ投票してなかったと思います。美しい。次回もあれば絶対に買っておきたい一冊。(東京都・報沢睦己)

【SONOMAMA EAST GIRLS HIGH SCHOOL/東之間】
◆女子校! 懐かしい香り。素晴らしいキャラ立ち。女子校出身の人は2倍たのしめるんじゃないでしょうか。(東京都・報沢睦己)

【Little Jet Girls(2)/PICO JET】
●ジェットを背負って飛びまくる少女達のお話。主人公自身の性格もジェットのごとくスカッとしている上に、ストーリーもビュンビュン進んで実際には出来ないであろうことも難しい理屈は抜きにして出来るんだ!!と思い込めてしまう。読んでいて気持ち良い作品です。簡単明瞭で力を抜いて読め、ところどころにある細かい気遣いも楽しめます。(千葉県・yoshi)

【SHORT HOPE LIGHTS/ぴこぴこ。】
◆表4の漫画スキ。みー子万歳。とんでもないおガキ様だ。(東京都・報沢睦己)
●おれおれ詐欺の話が大好きです。みー子の短絡的な犯行がたまりません。(埼玉県・森砂季)

【GREAT ミコシバHITS/ビタミン】
●美少女(しかもブルマ)がバット振り回すってのが自分的にはかなりツボでした! タイトル通りGREATなセンスを感じるマンガです。オススメっす!!(東京都・村上むらこ)

【空の贈り物/ひなたぼっこ倶楽部】
●全編セリフ無しのちょっと幻想的な短編。仲の良さそうな男の子と女の子が、拾った「お星様」をなんとかして空に返そうと頑張る様子が微笑ましい。セリフがなくても十分その雰囲気が伝わってくる。(神奈川県・HF46)

【アメフラシ/ぴろり庵】
●雨降る中にいい天気だねと現れるてるてるぼうず。雨が降る原理をあっさりと否定してアメフラシなる妖怪?の退治をはじめる。その世界観が気に入りました。雨降りの日にはこのお話を思い出しそうです。最後のページにある天気記号の訳にも読後だと十分に納得してしまいます。(千葉県・yoshi)

【おきざりの僕・前編/ファイアジャンク】
●主人公の山岸はクラスメイトの呉美晴に恋をした。表情の少ない姿を笑顔にする事を夢見ながら、いとこの吉澤朱嶺に彼女の事を教えてもらうが、2人の会話が恋人同士となってキスする場面に出くわしてしまう。(いつか僕が)輝かせたいその表情の中で唇が見つめあいながら睦みあっていく。こフ話は百合でありながら少年を主人公に据えた珍しいタイプだが、やおいで同じ様なケースがあった事からそんなにおかしくはない。また、やおいが女性の実際的な問題を棚上げした娯楽の指摘が過去にあった事実から、この作品は男性が百合について真剣に考えれば考えるほど辛辣に飛び込んでくるものがある。その所為だろうが、想いが生理的嫌悪となって、2人の前で言葉を呑み込む唇はやけにリアルだ。ましてや思春期的絶対感の入り口にいる年頃にとって、それはいくばくの衝迫だったであろう。遂げられない想いと向けられない言葉が涙となって溢れるラストが痛くそして切ない。(東京都・羽鳥理人)

【晴れときどき魔法少女/風鈴堂】
●前作より描線がキレイになっててすごいと思います。ていねいに描いているなと感じました。あとSF用語? の意味がわからなかったので説明がほしかった所です。(千葉県・田中・スーザン・久美子)

【ENDLESS/梟亭】
●今をときめく宇宙飛行士訓練生アニメ「ふたつのスピカ」の作者の初期作品を収録。やさしく切ない作風はこの頃からかぁと感心&感動。スピカのライオンさんのモデルっぽいクマさんの登場するマンガも載っているので、ファンなら是が非でも一読されることをオススメします!(東京都・echo)

【花の行方/藤川研究室】
◆あいたたたた…。(東京都・河村)
◆主人公の二和は職場で仕事を上手く回すことが出来ない。有能で気の利く上司には恵まれたけど、そんな尊敬したい相手に疎まがられているのはひどくつらい。そんな日常の為に彼女はどんどん落ち込んで行く。誰かに必要にされたいと。本質を言うと冒頭にいいかげんな花屋が出て来たけど、彼女の職場環境は彼女にとってこれと同じで(本人が気付いていない)当の本人には土と水と苗木の手入れに該当する事も必要。私に言える事は人前で泣き崩れてもかまわないという事だ。何故なら耐えられるうちに我慢し続けて本当にヤバイ時にそれを表に出せなくなる方が問題だからだ。自分で自分を守る為に立ち向かうだけでなく、逃げ出したり駄目になる事も同じ様に大切な事だ。(東京都・羽鳥理人)

【セレモニー2/FuniFuniFesta!】
●幻想と現実が交錯する夢うつつの世界。多層な想い・感覚、息苦しさと快感と罪悪感が支配する世界。そんな幼年期の感覚を呼び起こさせる「まいことこうちゃんの4部作」ことセレモニーシリーズの今後の展開に期待大。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【TRAING/BRADDY VOICE】
●思わず手に取らせてしまう見栄え、内容にあふれるパワーと言葉の輝きを。読み返してまた感じる、編集の妙。とにかく文句なしに面白かった。買ってよかった、の一言に尽きる。(東京都・Caming)
●私も某バントのツアーで地方に行くけど、ここまでおもしろおかしい出来事は…あったかもしれない(苦笑) それを思い出させてくれた本です。でもここまで書いてしまう作者に脱帽です。単純に楽しめました。(静岡県・ぱや)

【少年処方箋/ぷらんたん】
◆となりのプリンセスの番外編。青年と少年との友情以上、恋愛未満の心のキズナを描く。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【となりのプリンセス3/ぷらんたん】
◆SFテイストを隠し味にした元気いっぱいの物語。アクション・コメディ・恋愛[♀×♂はもちろん、♂×♂も(笑)]等少女まんがのあらゆる要素がつまっている。ストーリーのテンポ良さと生き生きしたキャラが魅力。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【貧ノ友/プロペラ】
●勝って以来、ずっとどう組むか考えあぐねていたBJPKのウルトラ正解例を提示してくれた啓蒙書! BJPM(ブロックジョイントプラモデル)の一枚組みレシピ集なんですが、萌えメカしかも目ウロコ級四連発!で悩殺。やっぱ、職人様はお仕事を請けられるだけの才能があると感涙しきりの一冊でした。だって今回買った本でいちばん読み返したもん。(東京都・echo)

【03式人気声優 ノンレム睡眠/付和雷堂】
◆物騒な「さしすせそ」ですね…!! かわいいなあ。(東京都・報沢睦己)

【ねむり着娘。/β☆まっくす】
◆ぴろいし氏の「もえつきません。」が俊逸。萌えジャンルとしてはまだ未確定ながら、このストーリーまんががその全てを語りつくしている。「ねむり着」で登校、「ねむり着」で授業、「ねむり着」で体育。もう「ねむり着」の事が頭から離れない。(大阪府・なかせよしみ)

【犬の器 vol.2/屁のカッパ】
●津軽三味線を弾く姿の色気、津軽弁の美しさにうっとりします。三味線に魅せられた対照的な二人の青年がくっきりと浮き彫りになっていてわけもなくドキドキします。(神奈川県・麻生絵里)
●楽しみに楽しみにしていた津軽三味線で人の心理をえぐる作品第二弾! 前回の終わりにでてきた「セツ」の存在で、今回は恋愛モノ? と思ってたのを軽々ととび越えた。とっても奥の深いものでした。大きな家のお坊ちゃん静が内面と向き合う瞬間。私は、三味線がそんなに格の低いものだと知らなかったので、社会におけるそれの位置づけも知りました。
ゾクゾクする程、深い作品です。(神奈川県・或麿えり子)
◆本の中から三味の音が、オレの脳内からさぶちゃんの歌が、流れる本です。Vol.1読んでないので次回残ってたらほしいと思うっス。(?・ごんし)
◆ストーリーの流れに無駄なく、演出もすばらしい。三味線の事を知らなくても、思わず引きこまれてしまう。これからの話が楽しみ。(東京都・田崎あきら)

【MIDNIGHT STRANGER COLT STORY 1/まったり番長】
●この超かっこいいマンガを見逃す手はないかと!! 続きが楽しみです。(埼玉県・わっきー)

【まほほんVol.2/まほほん】
◆魔法使いになることをめざしている小さな女の子が主人公のほのぼもマンガ。つぎはぎのローブを身にまとい、とてもビンボーしているのに魔法の本を付録目当てで大量に買いこみ、それを同居人に支払わせるというなかなかのトラブルメーカーのようで、Vol.1も読みたくなりました。次回のコミティアで配布されてたら絶対買います。(神奈川県・五十嵐哲也)

【子ども日暮れ/豆栗明月】
●「何を謝ったんだ?」「さる、わかるか」「これが説明のつかない感情だ」むかし、小さな神様と遊んだ。だってあいつ、まるで子供みたいだったんだもの。自分の感情をもてあました覚えのある人なら共感できるハズ。子どもからの成長。神様の存在。友達へのシット。いろんなテーマが入ってて、しみじみと感動。「その後」の話もぜひ読みたいです。(千葉県・阿玲依)
●まんがを読む際に筋立てを重視する方、感情を重視する方、雰囲気を重視する方、皆さんに一読をおすすめします。(長野県・リョオ)

【瀕死の転校少女亜百合ちゃんER/まるちぷるCAFE】
●なかせよしみさんの作品の発想には毎回脱帽です。(福岡県・うんとっと)

【でもくらちゃん Resort/まるちぷるCAFE】
●でもくらちゃん12人とお母さん達4人とで、海水浴に行ったある一日の話。
同じ顔の女の子を12人も描くという難しさを、逆に独自の構図やリズム感を生み出すというプラス面に昇華させた作者の代表シリーズであるが、今回は「Resirt」ということもあって、いつもより増して軽快なテンポの「癒し系」にまとめてあり、日常のしがらみでささくれだった人々の心を、とにかくかわいく大活躍するでもくらちゃん達の笑顔が、優しく包み込んでくれるのであった。(千葉県・愛夢恵)
◆でもくらちゃんシリーズの最新刊。そうそう、これこれ、この感じ。なかせよしみ節の魅力満開です。(神奈川県・渡辺憲一郎)
●「癒し」というより「潤い」のような気もするけど、面白いのでオッケー。(栃木県・夢幻)

【I.N./MICROMANIA】
◆みんな悲しんでる…10で救われたような気がします。(東京都・報沢睦己)

【公園/水がめ座の女】
●くみさんのマンガは毎回必ず「よくぞ言って下さった!!」と拍手をおくりたくなるセリフが登場する。(今回はラストページね)。あいかわらずめちゃくちゃカッコいいです。(東京都・柴田眞紗子)

【Ruurie's Herd Shop2/密月】
●世界の雰囲気も百合描写もたまらないです。メインキャラ以外の人も生きてる感じがするので、それが2人の世界をよりいい具合に印象づけています。イチャイチャシーンは本当にいいなァ。うらやましいっす。(千葉県・えろばへろみ)

【BE TOGETHER/MISSION】
●冒険ファンタジーの番外編。これだけでも充分楽しめる(事実私はコレから読んでるし…) 。恋心を含む心情(ってのかしら)がまた楽しい。(埼玉県・Pちゃん)

【みちのとちゅう/ミュンヒハウゼン症候群】
◆「耳など飾りだっ!」猫耳の話なのにこの発言。人に決して媚びることのない猫の性質が逆によく表現されていて潔いと思いました。(埼玉県・人間橋)

【わたしを野球につれてって/Million Means】
●学校のグラウンドには魔女がいる。生徒のプレーを見、生徒の心を見、生徒の人生を見ている。(東京都・田崎あきら)

【ティッシュ配りリアクション調査報告書/メルヘンダイバー】
●スゴイ!! こんなネタを本にするなんて! 思いつかないですよ〜。読んでみたらこの仕事の奥の深さを感じることが出来たし、久々に同人誌読んで笑いました!! 同人誌の、「何でもアリ」を感じさせてくれる一冊でした。
(千葉県・みけねこ)

【妖怪のたまご(1)/本山理咲】
◆人はだれも心の中に闇をもっている。それをさらけだすと対人関係・自分の精神ヤも崩壊してしまう事態にまで陥ることがある。しかしその心の闇に立ち向かわなくては、人は成長していかない。思春期のサブ・テキストたりえる深く心に響く物語。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【8時02分発、3両目/モホロビチッチ不連続面】
◆自分に嘘をつかず、一歩踏み出す勇気。頑張りたいですね。(埼玉県・安藤はじめ)
●とてもスタンダードなラブストーリー。通学途中で見かける女の子に対して、はじめの一歩がなかなか踏み出せない気持ちの動きが細かく描かれている。いろんな細かい仕掛けが最後で一つにまとまる構成がうまい。なによりぎりぎり最後で間に合った瞬間が心から「よかったー」と思える気持ちの良い作品。(神奈川県・HF46)
●宮野君がいい味出してます。またラブコメ待ってまーす。(宮城県・松田功一)
●ぼんやり生きている一人としては、こういう良い友人を持つと幸せそうだな、とかちょっとずれた事を考えたり。物事には全て理由があるのです、と言われたような気分。(栃木県・夢幻)

【Nestle House/Monkey's taste】
●それぞれの心をリンクし意思疎通することが出来る3つ子の話。久しぶりに次男の陸が帰ってきたところから物語は始まる。何年かぶりにリンクする3人だが、長男の海だけはリンクする事が出来ない。その事に悩み他の2人と距離を置いてしまう海の描写が巧いです。ラストシーンでは温かい気持ちになれました。登場人物が着ている服装もGOOD!(東京都・トール鉄)

【レアガールズ新聞/ヤバイくらい毒入ってる!!】
◆読みごたえあり、だった。(東京都・B-6)

【The Dawn Of The Jinnda Bonio./UK@TIA】
●カワイ──ッ!! この雰囲気、この線の美しさ、たまんないです。(東京都・柴田眞紗子)

【日本少年/(有)寺島建設】
◆昔の日本の少年はカワイイなあ。(?・トミー)

【セッチャントジュン/UKOZ】
●せっちゃんとじゅんは大の仲良し。2人の関係と日常は少女達よりもマジでカワイイ。友達なのか恋人なのか曖昧さ(それはただ単に読者がニブいだけなのではないか?)も魅力的だ。こんな風に紹介するけど2人は恋人同士ですよね──。絶対にそうですよね───。(東京都・羽鳥理人)
●西UKO・北条KOZ二人の作家による連作4コマ。UKOZ従来の二人誌と異なり完全合作作業なので、各々の作家が共鳴し合い、短いながらも味のある作品になっている。一言でいうなら「お茶目」でしょうか。セッチャン・ジュン二人の物語を今後もゆるやかに続けていってもらいたい。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【夜間飛行/UMIN'S CLUB】
●短編4本…なんだけど、どれも充足感あり。きちんとまとまってるっていうのかな…短いんだけどものたりなさ全くなし、なのだ。切なくホロリ(涙)とくるものあり。(埼玉県・Pちゃん)

【禽獣の栖・HYBRID-CHILD-5/UMIN'S CLUB】
●シリーズも5作目となり、今回は舞台がアジアとなった。HYBRID-CHILDシリーズの広がりを見せてくれる一冊になったと思う。次の作品も早く読みたい!!(千葉県・みけねこ)
●まさに「少女漫画」ならではの世界観の広さ、時代風俗等の設定への独特の味付け、人間心理描写の深さは、さすがの一言である。
これまでずっと、物語内の時代を逆行し続けてきた本シリーズであるが、最新作の今回敢えて、オリジナル第一作と最も近い時代のエピソードとなっており、作者自身「予定外にずっと温めていたネタであるが、一つの物語を創るのにこれ程夢中になったのは久しぶり」と言うだけあって、第一作からのファンも、初見の読者も充分楽しめる内容となっている。
今や作者のライフワークとも呼べる、この人造人間「HYBRID-CHILD」シリーズ、近く始まる、構想を新たにした新シリーズも楽しみではあるが、現行シリーズも今回の本の様にまだまだネタがあるようで、近日中に番外編として刊行するそうです。(しかも18禁JUNE)(千葉県・愛夢恵)

【週刊ムサシ 上巻/よしの亭】
●NHK大河ドラマ「武蔵」への愛あふるるツッコミ日記。簡略化されても特徴とらえまくりの似顔絵と、ハイテンションっぷりに悩殺されます(笑)。その上、ハマってる所が自分と同じだったりすると、思わずニヤリ。昨年の「利家とまつ」版では下巻が冬コミで売り切れてしまったそうなので、今回は2月のコミティアの分もぜひ! とっておいて下さいね(願)!(神奈川県・ATUSI)

【オハラさんのおはなし3/四ツ星レストランおかん】
◆「河童オリジナルパフェ」怖いもの見たさで一度挑戦してみたいです。(埼玉県・人間橋)

【おやくそく3/楽】
●かわゆい。の、一言につきるが、とにかくカワイイ(←同じやん)。学園ラブコメでありがちなウザさ、エグさがなく、押し付け爽やかすらない、の〜〜ニした日常感がほんわか楽し。(東京都・echo)

【コミックラクガキカン/楽書館】
◆メンバーの方の豪華さにおどろきました。好きな絵、好きな話がみっちりでもう大好きです。たまりません!!(東京都・本山理咲)
●30周年期年号ということで、総勢27作家は読み応えアリまくり。そうそうたるメンバーですが、水野流転がマンガ描いてるというだけでもただ事ではないなぁ。個人的には当森正が久し振りに読めて悦楽満足ご堪能。(東京都・echo)

【鉄の街/RADIO MOON】
●これは前世紀に想像された未来世界のようではありますが、独特の世界がしっかり構築されており、読んでいると引き込まれていきます。混沌とした世界でも元気に暮らしている少年に心が和み、あとがきにある生まれた時からの環境でこれが当たり前と思っているという言葉に、なるほどと感心してしまいました。(千葉県・yoshi)

【ハナゾノ2/RASENKARAN】
◆女子高を舞台に恋愛の全く絡まない日常。深津は桃井センセーの『水まんじゅうって超巨大なカエルの卵に似てると思わなくて?』に食べられなくなって桃井センセーが独り占めしてしまう。なんて極悪。私見だが気にするな。口に入れれば大丈夫でウマいし、クリームソーダなどカマキリエキスだ(もっと極悪?)。ペーパーによるとほとんど実話。あとがきの4コマでは細胞分裂タイプが出てくるが、葛を使った和菓子はマジで美味しいので食べて欲しい。(東京都・羽鳥理人)

【Job Job Summer・シタ/乱痴気事虫所】
●夏休みの海の家でのバイト本の続編。海の家のおカミさんも凄い人だが、海の家に泊まりに来る人達もかなり凄い。(これでもまだまだ描き足りないとは!!) これはやはり上・下巻合わせて読まれる事をおススメします。(埼玉県・人間橋)
●凡人には想像もできない出来事の連続。今でもこんな夏が続いているのだろうか。満天の星も含めて、見に行ってみたい気がする。(栃木県・夢幻)

【スーパーソニックアワー2/リッフルタイム+真空館】
◆バカッぽさNo.1。(東京都・momo)

【フューチャーデイズVol.3 後篇/RIMLAND】
●くり返し、くり返し、読んでいます。ずーっと友達。サヴァさんにきゅん。(神奈川県・梶原くまこ)
●泣きっ面に全身返り血。頑張れスザンニャ!! 読んでる私が泣きたいよ。(東京都・報沢睦己)
●サブタイトルの意味がやっとわかりました…(涙)(東京都・河村)
●毎回まいかいほんとに御見事。泣けました。「私の子供に生まれておいで」サブタイトルにもなってるこのセリフの後のシーンがまたカッコイイのです!!「スザンニャは背中ににも目がついてる」!(東京都・海保貴子)

【TOLI no KIOKU+/りゅうりゅう】
●ハコは異世界ファンタジイ、実態は軍隊新兵物語、本質は男子高コメディ。楽しい、すごく楽しい。(神奈川県・舞村そうじ)

【猫耳のユウノ 上巻/Leprechaun×1/2】
◆人間・犬人・猫人の異なる3人種が共に生きる世界を描いた1〜3話を1冊にまとめたもの。亡き母の「3人種が本当に仲良く生きる世界の実現」を果たすべく犬人のメイドとなった人間と猫人のハーフ・ユウノの成長の物語。今も続くこのシリーズは少しずつ、しかし確実にこの世界の人々の心を変えつつある。ユウノと彼女をとりまく人々・世界の今後が大いに楽しみ。(埼玉県・阿部紀巳夫)

【死神Death ii/Y.H.G!】
◆死神に取り憑かれている、というか居座られている女子高生の話。死神の女の子が普通に日常生活している、それだけで十分ギャグですな。(東京都・ぶんご)

【万能のリミット/YKH】
◆続きが気になる。(埼玉県・?)

【夢の住人/Wild Child】
◆誰にでも現実から逃れたい人がいる。特に幼い子の場合。いつもそばに居て欲しい時に親の居ない子なら。同サークルから発行されている「チャイルドプレイ」といい本作といい、内省的で、常に自問自答を繰り返す幼稚園児の少女を主人公にした、それも一般向けで、前例は無かった様な気がする。今までこのテのマンガの主人公といえば中学から高校のいわゆる思春期の女の子が当然の様に見られていたのに、一気に年齢を落とした主人公なんて、見てる方もなんて冷酷無比な作家だと思いたくなるし、なんて嫌なモノ見せられた様な後味が残ってしまった。その上あーゆーキャラ描写で尚更ですよ。こーゆー世界観は、年齢や世代を通り越して不変かつ共通認識なのですね。(神奈川県・孤高の同人ハンターうさぽん)

【チャイルドプレイ/Wild Child】
●「お子チャマだって…」そんな言葉がピタッと来る一冊。「なんで男の子を好きになったのだろう。好きには"理由"があるのだろうか…。」「私はお母さんと同じレディ。私だっておオゃれもする。女の子はみんなお姫さまなんだから…。」そんな自問自答を繰り返す幼稚園の女の子。どこか背伸びしたくなるのは、年頃の女の子と同じだが、どこか脆くてナイーブ、かつ危なげな所は、年頃の女の子以上に好奇心旺盛な幼い年齢ゆえであろうか。ぬり絵の様に線のくっきりした、たどたどしい描写が痛々しさに拍車をかけている。こういう幼児のシュールな世界を描いた作品は(マンガに限らず)、めぐり会う機会が無く、あっても色眼鏡に扱われてしまうのが残念。この世界は今のティーンや子供心を無くした大人には解るまい!!(神奈川県・孤高の同人ハンターうさぽん)

戻る
PC版表示