地方コミティア

コミティアの全国ネットワーク

現在コミティアは東京だけではなく、大阪、名古屋、新潟、北海道、福島、福岡の6都市でも開催されています。これはコミティアの趣旨に賛同し、それぞれの地域でもコミティアを行ないたいと考えた地元のスタッフが、独自に主催団体を組織し開催しているものです。各主催団体は個々の自主性を尊重しながらゆるやかなネットワークを作り、協力し合っています。 混同を避けるため必要に応じ、東京で開催されているコミティアを「東京コミティア」、各地域で開催されているコミティアを「地方コミティア」と表記することがあります。

各地方コミティアの紹介

それぞれの開催日程や詳細については各公式サイトよりご確認ください。各地方コミティアへのお問い合わせは東京コミティアでお答えすることが出来ません。

新潟コミティア

最初の地方版コミティアとして1991年11月に「COMITIA in 新潟」としてスタート。運営母体は1983年よりオールジャンル同人誌即売会「ガタケット」を開催するガタケット事務局。2015年現在、年2回のペースで開催。マンガ家・BELNE先生による実地版コミックワークショップが開催されることが特色の一つ。

名古屋コミティア

1993年1月に「COMITIA in 名古屋」としてスタート。現在、愛知県・名古屋国際会議場を主な会場として、年2回のペースで開催されている。「メンバーズ」と呼ばれるサークル、一般問わない参加者有志によって運営されていることが特徴となっています。

関西コミティア

1993年4月に「COMITIA in 大阪」としてスタート。神戸サンボーホールでの開催を経て、1997年に「関西コミティア」に名称変更。現在、大阪府・OMMビルを主な会場として、年2回のペースで開催。東京コミティアに次ぐ規模となっています。

北海道コミティア

2014年1月に、約20年ぶりの新しい「地方コミティア」としてスタート。現在、札幌市・ホテルさっぽろ芸文館を主な会場として、年2回のペースで開催。主催は2005年より「同人誌メイン」を掲げたオールジャンル即売会「Elysian」を運営するエリシアンオフィスです。

みちのくコミティア

2015年7月、それまで福島で開催されていた創作オンリーイベント「Travellers〜創作旅行〜」がリニューアルする形でスタート。ビックパレットふくしまを主な会場として年1回ペースで開催。オリジナルに限りコスプレを可としていることが特徴。主催のADV企画は1992年より福島県内を中心に、同人誌展示即売会やコスプレイベントを運営している団体です。

九州コミティア

「九州地方にもコミティアを」と、福岡県北九州市を拠点に有志による団体「九州コミティア・ミーティング」が発足。2017年2月に北九州市漫画ミュージアムでプレ開催を行い、同年9月に第1回が西日本総合展示場にて開催決定。以降、年1回のペースで定期開催を予定しています。
PC版表示